仕事は頑張りすぎるより頑張らない人が重宝される

頑張らないマイペースパンダ

仕事でも何でもとにかく頑張りすぎてしまう人がいますが、あなたはどんなタイプですか?

もし職場内にあまり仕事を頑張らない人がいたら、イライラしたりしますか?

私はどちらかというと頑張ってしまうタイプで、新卒で入社した会社でも毎日ヘトヘトになるまで会社のために尽くしていました(^^;)

学生時代に体育会系の厳しい部活で鍛えられたことや、家庭のしつけがうるさかったのも影響していたと思います。

どんなことでも一生懸命頑張ることは好ましく、それが当たり前だと思われがちですが、実は頑張りすぎない方が仕事もうまくいくし長続きします。

まず、頑張りすぎる人というのは途中で必ず「ガス欠状態」に陥ります。

目標を大きく掲げ、評価や成果を常に追い求めているので、それが実現しなかった時に一気にやる気を失ってしまうんです。

これは燃え尽き症候群とも言いますが、それでやる気を失った結果仕事を辞めてしまったり、最悪「うつ」になったりします。

やる気はもちろん大事ですが、車と同じように急発進してしまうと最初の段階で一気に燃料を消費してしまい、途中でガス欠を起こします。

たまに休暇などをとって燃料補給ができればいいのですが、頑張ってしまうタイプの人というのはまず休もうとしません。

逆にあまり頑張らない人というのは仕事も長続きしますし、成果も着々とあげていきます。

私の周りにもいましたが、一見頑張っているようには見えないマイペースな人の方がしぶとく会社に残って結果を出しています。

そんな人は決して仕事のスピードは速くないですが、やる気がないわけでもなく、常に一定のペースで着々と業務を進めていきます。

頑張ってしまう人から見るとちょっとイラッとする感じですが、周りからどう思われていようと自分のスタイルを崩さず仕事ができる人は、会社にとっては貴重な存在でもあります。

静かにスタートして一定のスピードを保ち、燃費がいいので仮に休憩がなかったとしても途中でリタイヤすることがないからです。

会社にとっても、最初は勢いが良くてもすぐに辞められるよりは、安定して長く戦力として残ってくれる人の方が重宝しますよね(^^)

いま自分が頑張りすぎていて失速、ガス欠を起こしていると感じていたら、頑張らないという選択もありですよ!

仕事は、やる気を失わない程度に頑張らない方がうまくいく。

頑張りすぎてしまう人ほど、たいてい空回りして前に進まなくなる。