ストレスのない仕事は自分の得意分野から探せる

どっちに進む?

いま仕事を探している、転職を考えているあなた、なるべくストレスのない仕事を探そうとしていませんか?

「ストレスのない仕事」と検索すると、ストレスフリーな職業のランキングが出てくるかもしれませんが、そのランキングの中から職業を選ぶのはちょっと違います。

ランキングはあくまで統計で全ての人に当てはまるというわけではなく、本当にストレスのない仕事というのは自分の「得意分野」が活かせる仕事です。

たとえば人と話すのが好きな人が、ランキング上位の「人と関わらずに済む仕事」を選んだらもっとストレスになると思いませんか?

何でも鵜呑みにすればいいってもんじゃないよ。

人は心の奥底では「本当はこんな仕事がしたい」と思っているのに現実を考えて否定したり、安定を求めて興味もない仕事に就こうとします。

もちろん、

「家庭があるので今から自分のやりたい道に進むのは無理だ」
「夢みたいなことを言ってないで、堅実な職業を選ぶ方が安全だ」
「この年齢で新たなことにチャレンジするのは無謀だ」

といった考えは現実的に考えればどれも間違いではありませんが、自分の意に反した仕事というのはストレスも多く、長続きしません。

以前の私も仕事は待遇や条件ばかり気にしたり、特にやりたいわけではないけど無難で自分でもできそうな仕事ばかり選んでいました。

しかしそうやって決めた仕事はどれも長続きせず、仕事はいろいろ経験したものの、結局のところ自分は何がやりたいのかわからなくなってしまいました(+_+)

一度始めた仕事はまじめに取り組むので褒められることもありましたが、そこに喜びはなく、辞めた後には何も残っていないという虚しさにも襲われました。

つまり世間の常識みたいなものにとらわれて、自分が本心からやりたいとは思っていない仕事ばかりしていると自分を見失うということです。

ハローワークに行くと最初に求職申し込みをするのですが、「だいたい○○円くらいの給料があれば(職種は)こだわりません」と言っている人を時々見かけます。

仕事を探している人の背景はそれぞれですが、これではちょっと悲しいですよね(^_^;)

もし、自分を押し殺して面白くもなんともない仕事で一生を終えるのと、自分の好きな仕事をしていくのとどちらを選ぶかと言われたら、間違いなく後者を選びますよね?

もちろん、会社に属さず自営で好きなことができればそれに越したことはありませんが、自分の好きなことでやっていくのは難しいというのは思い込みです。

また、「自分の好きなことで成功している人は運が良かったり、環境が整っている特別な人だけ」というのも思い込みです。

どんな人でもスタートラインは同じで、あとはその人の行動力で決まります。

今の状況を最終的に決断したのは自分だということ。

私も大手企業にいた時に思いましたが、今や大手企業であれば生涯が約束される時代ではないですし、結局は会社の歯車です。

それに、定期的に部署異動がある会社だと最初のうちは良くても、一生やりたいことをさせてもらえるとは限りません。

ですから会社に属す場合は、その分野のスペシャリストになれる仕事を選ぶべきですね。

いつ部署異動になるかわからない会社より、自分がやりたくて仕方がないことをワクワクした気持ちでずっとできる仕事の方が明らかに人生楽しいというものです。

自分の得意分野というのは、時間も忘れて夢中になれることの中にヒントがあります。

たとえどんなキツい仕事でも、それが好きでやりたい事だったら全く苦にならないものです。

いまストレスのない仕事を探そうとしているなら、今一度自分の得意分野は何かを思い出してみてはいかがでしょうか?

(関連記事)

適職診断は電話占いが一番当たるのは本当だった!

決断できないときは潜在意識に聞いてみよう

自分が本当にやりたいことは、自分の内側にある。

ストレスのない仕事は、自分がワクワクすることの中から探していこう!

スポンサーリンク