もう失敗しない!会社選びの基準と注意点

会社の休憩室

あなたは雇用情勢が悪くなると、仕事があるだけマシと思ったりしていませんか?

選ばなければ仕事はあると言いますが、果たして「何でもいい」という感覚で選んだ仕事が長続きするかと言えば、そうではないですよね…

会社選びに失敗して短期間で辞めてしまうと、職歴にも傷がつきます。

過去の私がそうでしたが、とりあえず採用はされたものの結局合わなくて辞め、またイチから探し直すという繰り返しでした(^^;)

仕事は自分が本当にやりたいと思ったものを選ぶことをこのサイトの中でも何度も書いていますが、そんな求人を見つけた時の注意点があります。

それは会社との最初のコンタクトや面接に行った時の印象です。

会社もそこそこ大きく、仕事内容も自分の希望と合致していたら何が何でも入社したいと思うのはやまやまです。

しかし、電話やWEBで応募した時のやりとりや面接に行った時の受付や社内の対応でどことなく嫌な感じがした時は、まず止めておいた方がいいかもしれません。

直感的に嫌だなと感じたところというのは、ここは止めた方がいいというサインです。

たとえば会社に限らず、何か習い事をしようと見学や体験入学に行ったところの対応がなんか感じ悪いなと思ったところは倒産寸前だったり、飲食店でもなぜか気が進まないと思った店はおいしくなかったり店員の態度も悪かったり、店内が不潔だったりなんてこともあります。

私も数えきれないくらい求人に応募したり面接を受けたりしてきましたが、ダメな会社は応募の段階でだいたいわかります。

そういう会社に限って面接に行ったり実際働き始めると、やっぱりこの会社はダメだなっていうパターンがほとんどでした(^^;)

優良な会社は、応募や面接の段階ですでに対応した人たちからいい波動が出ています。

社会的なマナーももちろんですが、いかにも「仕事だからやってるだけ」といった上から目線な感じはまずありません。

社内全体がいい雰囲気であればこちら側もスムーズに面接に挑めますし、いつも以上に意欲が湧きあがって採用確率も上がります。

会社に選ばれるのではなく、自分が会社を選ぶということも忘れないようにしたいですね!

やりたくない仕事を無理にやってもまず長続きしない。

直感的に嫌な感じを受けた会社に採用されても長続きしない。