面接の不安を簡単に克服できるイメージ法とは?

面接に行って道に迷う

求職活動で面接は避けては通れないものですが、面接を不安に思っている人たちにはある共通点があります。

それは、「面接時に起こりうる、最悪の状況ばかり想定している」ということです。

面接前は、実際に会社訪問したときの第一印象がどう思われるか気になったり、嫌な面接官だったらどうしようとか、練習通り振る舞えるだろうかなど不安になりますよね(^_^;)

しかし、過度な不安は失敗につながる危険性があります。

私自身も、面接になるとかしこまって本来の自分が出せなくなったり、緊張して頭の中が真っ白になり、思いがうまく伝えられなかったことがありました。

しかも、初めて行く場所で道に迷ったりするとその後の面接にも影響が出る場合があります。

昔、巨大な敷地内にある会社の面接に行ったとき、事前に地図で確認したとおり目的地に着いたのですが敷地の裏側で柵に囲まれており、入口がわからず焦りました。

地図を見た時もなんとなく嫌な予感はしていたのですが、予感的中です。

おかげでかなりの時間をロスしてしまい、時間に余裕をもって出たはずが開始時間に間に合わず、走って息切れした状態でその会社に電話を入れたという苦い思い出があります。

迷った時点で電話すれば良かったのですが、気持ちに余裕がなかったんですね(^_^;)

結局、到着してすぐに始まった面接では、迷って時間に遅れてしまったことに動揺して会話も上の空になってしまい、惨敗でした…

このように、面接で失敗してしまう人は必要以上に不安になったり、最悪の状況を想定してしまうクセがあると言えます。

つまり、「最悪の状況を想定している」=「自分でその状況を引き寄せている」ということなので、うまくいかないのも無理はありませんね。

ですから単純に、面接が不安ならその逆のことをすればいいだけなんです。

たとえば

・面接場所には時間に余裕をもってスムーズに到着しました
・社内は雰囲気がよく、初めての訪問でも優しく迎え入れてくれました
・面接官はとても感じのいい人で、自分の思った通りに話せました
・会社との相性も良く、ここで働きたいという気持ちが高まりました

など、自分がこうなっていたい状況をイメージするだけです。

イメージが過去形になっているのは、面接を終えた未来の自分にとっては過去の出来事になっているためです。

面接日が来るまでの間は、実際に面接が終わったときに自分が感じていたい状況をこのようにイメージしておけば、きっとそのような面接日を迎えられるはずです。

イメージだけでもOKですが、具体的に紙に書き出しておくとより効果が高まります。

紙に書き出す場合も過去形(完了形)で書くことがポイントです!

もちろん場合によっては面接が翌日なんてこともあるかもしれませんが、きっとこうなるとしっかりイメージできれば時間にゆとりがなくても大丈夫ですよ☆

ただし、この方法で面接が無事に終わったとしても自分の抱いていた印象とは違っていたり、不採用になってしまうこともあるかもしれません。

それはそれでこの会社とは縁がなかったということなので、面接で失敗したからだと落ち込む必要はありません。

縁のない会社というのは、入社しても自分の為にならない会社です。

早く仕事を決めたいがために、違和感のある会社に入社しても早期退職になってしまったり、ブラック企業だったら意味がありませんからね。

これから面接を控えていて不安な方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね!

(関連記事)

面接で不採用になる本当の理由を教えます

仕事や物質の引き寄せのコツと体験談

面接前は、面接後に感じていたい良いイメージをしておくこと。

面接が上手くいっても、縁のない会社には入社しなくて正解。

スポンサーリンク