人生はどんな道を選択しても目的地に着く

人生の岐路はナビ任せ

人生の目的地への道

いま人生の岐路に立っているあなたは、どの道を選択していいか悩んでいるかもしれません。

特に仕事や結婚など、人生における重要な選択を迫られた時は慎重になってしまいますよね。

 

人生は常に選択の連続ですが、人生は「カーナビ」のようなものだとよく例えられています。

つまり、人生の目的地(ゴール)に向かう道は何通りもあるということです。

 

どのルートも間違いではない

たとえば実際に車を運転する時も、カーナビで目的地を設定すると裏道を通ったり、高速に乗ったり山道を通ったりといろいろなルートが出てきます。

そしてカーナビを利用していると、自分では絶対この道を行った方がいいと思っているのに、なぜかマニアックなルートを指示してくる時もありますよね。

 

単純にカーナビのデータが古い場合もありますが、たまにそのマニアックなルートを通ったおかげで「新たな発見」をしたりすることもあります。

このようにどんなルートを選択しても必ず目的地に着き、人生もそんなカーナビのようにどの道に進んでも必ずゴールに向かっていくということです。

ルートは自分で選べる

また、途中で人生の目的地そのものを変更したくなっても、カーナビで言う「リルート検索」のようにいつでもルートの変更は可能です。

というのも人生に通じるルートというのは一つだけではなく、どの道を選ぶかは自分で選択できるようになっているからです。

 

これはパラレルワールドとも言われていますが、未来の自分というのは同時に無数に存在していて、どの自分に照準を合わせるかによって経験する内容が変わるということですね。

 

簡単な例で言うと、自分がいまコーヒーが飲みたくなったとしたらコンビニまで買いに行く、自販機で買う、インスタントで済ます、あるいは買ってきてもらったり飲むの自体をやめる自分も選択できるわけです。

 

なにか一つ目的を達成するにも、いろんなパターンがあるよね。

最短ルートじゃなくてもいい

このように、大なり小なりこういった選択の繰り返しで人生というものは創られていきます。

「だったら最短ルートで目的地に着きたい!」と思うかもしれませんが、それが思ったように行かないのが人生というもので、できなくても当たり前です。

 

というのも、人生というのは「経験」によって成り立つものだからです。

つまり、人間はこの地球で様々なことを経験するために産まれてきているということです。

 

それにもし最初から道が一直線だったとしたら、人生面白みがないと思いませんか?

たとえば産まれてから大人になるまで親に決められたコースを進むだけだったり、新卒で安定した公務員になって定年まで勤め、平々凡々とした老後を送るのも一直線です。

 

別に本人がそれで良ければいいのですが、もしこれからそんな人生を送りたいと思っていたらそれはただ、一時的に安定を求めているだけに過ぎないかもしれません。

 

人生に迷ったときは本心に従え

しかし、本当はもっと別の人生を歩みたいと思っているのに、実行に移せない場合もあるかと思います。

誰しも人生には「迷いの時期」というのが必ず訪れますが、迷った時は本心に従うべきです。

 

なぜ頭や心の中ではやりたいことがわかっているのになかなか前に進めないのかというと、人の脳には変化を起こそうとするとき、現状維持にとどまろうとする機能が備わっているためです。

 

しかしいつまでも「足踏み状態」になっていては無駄な時間が過ぎるだけなので、決断したらとにかく結果を気にせず行動に移してしまいましょう。

そこをどう乗り越えられるかが、今後の人生を左右するとも言えますね。

 

たとえ小さな一歩でも、後々大きく変わるよ☆

周りの意見に惑わされない

また、決めた道に進もうとすると周りから「そんな甘いものじゃないよ」という意見を聞かされるかもしれませんが、そんなものは無視して大丈夫です!

こういうとき親は「心配」、親しい人は「嫉妬」と「劣等感」からあなたを引き止めようとするものなのです。

 

それに他人が経験した苦労を自分もするとは限りませんし、本気でその道を進もうとしていたら多少の失敗や苦労も気にならないものです。

著名人などのエピソードを聞いていると、その道で成功している人というのは意外とトントン拍子にいまの地位を確立している人が多いですよね。

 

世間的に安全で確実だと言われる道に進むのは自由ですが、それが本心でなければ人生の終盤に退屈でつまらない人生だったと後悔することになるでしょう。

 

高齢者に人生を振り返ってもらうと、「もっと冒険しておくべきだった」と答える人が多いそうだよ。

キャンセルしてもいい

もし、あなたが今まさに本心でない道に進もうとしているなら、キャンセルすることも考えましょう。

私も失業していたとき、とにかく何かの仕事に就かないといけないと焦って、家の近くにある工場の派遣作業員の募集に応募したことがありました。

 

しかし本気で工場で働きたいとは思えず、派遣という形態にも抵抗があってどうしても前向きになれず、面接を受けるかどうか迷っていたんです。

そして面接当日、面接にいく準備もしていたのに「これに行ったら負けだな」と思ってしまい、家を出る直前になってドタキャンの連絡を入れてしまいました。

 

ドタキャンするのは初めてですごく気が滅入りましたが、よくあることなのか先方には意外とあっさり了承されました(^_^;)

結果的にその後すぐにワクワクする仕事が決まりましたし、これはこれで最善の選択だったと思っています。

まとめ

人生の選択に悩んだら、心の底から本気で進みたいと思った道に行くべきでしょう。

最初は怖くても、少しずつルートを変更していくことで必ず目的地に向かうので大丈夫です。

 

自分のやりたいことを無視して遠回りしすぎたり、あまりに違った道に行こうとすると今度は強制的に人生の軌道修正が入ることもあります。

結局、人生なんて自分が「面白そうだな」と思った道を選べば大抵うまくいくんです。

 

人生の岐路に立っているあなたも、なっていたい未来の自分に向かうルートを選択すれば、いつか必ずこの決断が正しかったことを実感できる時が来ますよ。

 

(関連記事)

未来はどこに周波数を合わせるかで決まる

夢を叶える人は楽しみながら行動している

 

無難な一直線を進むか、自分で選択した道を行くかは自分次第。

自分が人生の最期に「楽しかった」と語れる道はどちらか、考えてみよう!

タイトルとURLをコピーしました