その習慣をやめるだけで人生は好転する

自然の中で良い気分

いつも自分が習慣的にしていることで、良い気分になるのを妨げている事柄はありませんか?

もしいま求職中で、毎日のようにいい求人はないかと探しているとしたらその行為は楽しんでできていますか?

仕事に限ったことではありませんが、人生を好転させるにはまず常に自分が「良い気分の状態でいる」ことが大切です。

法則によれば仕事やお金、人間関係などは不足感から求めると失敗します。

結論から言うと「良い気分でいること」を続けていれば、仕事やお金などは求めなくても向こうからやってくるのだそうです。

「良い気分」とは今ある小さな幸せを感じたり、ホッとしたり、感謝をすることであり、ただゴロゴロダラダラしているだけでいいというわけではありません(笑)

(参考記事)→ 仕事がない不安に襲われたら小さな幸せを探そう

もしいま、必死になって求人情報を見ることが嫌な行為になっているのであれば一旦その行動をやめてみましょう。

嫌な気分の状態では、たとえ仕事が見つかったとしてもおそらく不足感しか生まれません。

それよりも、まずは良い気分で自分を満たしていくことが先です。

自分が良い気分で満たされるようになった時、初めて自分が本当にやりたいことが見つかって
自然とその方向に向かっていけるようになるので、焦らないことです。

その他、私は家計簿を細かくつけるのもやめました。

昔から習慣的につけていて、失業して収入がなくなったときも変わらずつけていたのですが、当然毎月赤字ですよね(^^;)

その細かくつけるという行為で、自分を恐怖と不安に陥れていました。

黒字ならともかく、家計簿をつけることで嫌な気分になっているのであれば、おおまかな残高さえ把握しておけばいいと思います。

私も家計簿とのにらめっこをやめただけで、恐怖や不安を感じることはグンと減りました。

ここは軽く「何とかなる」と思っていた方が、結果的にいい状態を引き寄せます。

もちろん家計簿をつけるという行為は大事なことですが、充分な収入を得られるようになって良い気分でつけられるようになったら再開すればいいのです。

また、たまたま辿り着いた有名人のブログにハマって頻繁にコメントしたりしていましたが、ある時から宣伝とリア充な内容ばかりになって、あまり楽しいと思わなくなっていました。

それでもしばらくは惰性で読んだり、コメントし続けていましたが、読むたびに虚しい気分になるので見ないようにしたら、自分に意識が向くようになってスッキリしました(^^)

このように、良い気分になれないのに「習慣」「惰性」で続けている事柄があったらもう、その行為はとりあえず脇に置いておきましょう。

一旦やめるという行為は現実逃避ではないかとも思えますが、法則によればたとえ今がどんな状況であっても、すべてはうまくいっています。

つまり、今の状況は人生の好転のために起こるべくして起こっていることなのです。

まずは「自分が良い気分でいること」だけを考え、自分を最善の方向に導いてくれる「宇宙の法則」を信頼して日々を過ごすようにしましょう!

良い気分になれない習慣は、無理して続けなくてもよい。

いつでも重要なのは「良い気分」でいることだけ!