肉体労働はきつい(物流企業編)

物流倉庫

倉庫作業の現場とは?

過去に私が働いた業種の中でも比較的多いのが、短期アルバイトから正社員まで経験した物流企業です。

物流企業では事務も経験しましたがどちらかというと倉庫内で働く肉体労働が多く、いずれもきつい作業でした。

そんな倉庫作業の現場で働いていた時に感じたことをまとめてみます。

会社によって異なる労働環境

まず物流系は、同じような仕事でも会社のタイプ・方針によってやりがいは全く違います。

私が昔、社長と奥さんをはじめ親族で固めた家族的(?)な会社に勤務していたときは、さほど条件が良かったわけではありませんが、比較的ノビノビ仕事をさせてもらっていました。

たまたま、以前勤務していたホームセンターにも納品していた会社だったのもあって、比較的すぐに馴染むことができ、仕事も自由に任せてもらえました。

普段は社員の私がメインであとは数名のパートさんだけでしたし、忙しい日は配送がメインの男性たちが作業に入って来るだけで、チームワークも良くて楽しかったですね(^_^)

大手と中小の違い

しかしその後、大手物流企業に契約社員で入社したときはこれまでのユルい中小企業との違いに戸惑いました(^_^;)

まず、とても規律が厳しい所だったので入社の段階から手続き関係がしっかりしていました。

入社前には費用会社持ちで健康診断に行き、制服や備品もすべて貸与されたので金銭的負担がほとんどなかったのは助かりましたね。

これは大手企業ならではの特権かもしれないけど。。

しかし、仕事内容というのが非常に厳しくつらいものでした(+_+)

まず、ひとつひとつの動作というのがしっかりマニュアル化されており無駄な動きというのは一切許されず、自分のペースでやる事ができません。

というのも作業中は常に管理者から監視されており、ちょっとでも気を抜いたり、少しでも違った動きをしたり流れに乱れが出ると、すぐさま指摘が入るからです。

小さな会社で働いていたときは、仕事がキツくても比較的和やかな職場でそれなりにやりがいを感じていましたが、大手ではただの奴隷扱いでした。

大手企業の異様な光景

中小にいたときはもちろん、仕事はしっかりこなしましたが、「こんなにユルくていいの?」っていうくらいお気楽な部分もありました。

しかし大手企業ではこんな風にはいきません。

商品のピッキング~検品~梱包はほぼ流れ作業で、ちょっとした会話も一切禁止、何かあれば管理者を呼ぶといったルールが徹底されていて、常に現場はピリピリムード

集中力を考えて一定時間がたつと休憩を挟むチャイムが鳴り、チャイムが鳴ったら10分間しかない休憩時間にそそくさと皆一斉に数個しかないトイレに行列。

そして、開始のチャイムが鳴る前には持ち場に待機するといった感じでした。

慣れてしまえば気にならなくなってきますが、最初に見た時はものすごく異様な光景でまるで軍隊か刑務所にでも入ったかのような印象でしたね(^_^;)

そんな張り詰めたムードの中、管理者からのちょっとした声掛けがあるだけでも現場が和んでやる気もアップしそうなものですが、そういったものは一切なし。

はっきりいって作業者はロボット扱いだね。

あまり作業者を自由にさせておくと自分で勝手なことをしたり、作業者同士でのトラブルなど面倒なことが起こるので、あえてそうしていたのかもしれませんが…

私もその会社に入って、いつの間にか眉間にしわを寄せる癖がついてしまっていました(苦笑)

クセのある人が集まりやすい!?

それから倉庫作業というと、仕事内容も人間関係も何となく暗いイメージがあります。

私は以前、ホームセンターの販売職で商品に囲まれることが好きだったので、内容はそれほど気になりませんでしたが、人間関係の悩みはありました。

確かに倉庫作業には訳ありっぽい人や、自分勝手で性格のキツイ女性が集まりやすい気もしましたが、それらは会社の採用方針によりけりです。

 

人選が適当な所は、人間関係のトラブルが多いかも…

また、こういった仕事は日雇い派遣で回している場合も多いため、年代は若者から中高年まで幅広く、人間関係は希薄かドロドロしているかどちらかなのも特徴です。

注意したい現場の設備環境

しかし倉庫作業というのは内容にもよりますがだいたいきつい肉体労働が多く、作業場が広い倉庫では冷暖房設備がないこともよくあります(+_+)

暑い倉庫で働く女性

というのも、企業は食品でもない限り、倉庫に保管してある商品のために多大な経費のかかる空調設備を入れることに消極的だからです。

ですので、現場にまともな冷暖房設備があるかどうかのチェックは絶対必要です。

また、同じ倉庫作業でも仕事内容や企業文化によって全然違います。

ある会社では、女性でも1ケース10㎏以上ある商品を1日に何十ケースも運んで積むのは当たり前でしたし、そしてほぼ立ちっぱなしなので足にも負担がかかります(*_*)

とにかく、労働者を使い捨て要員にしか考えていない企業は配慮に欠けるので注意です。

肉体労働は年齢とともに厳しくなる

私が経験した倉庫作業はとにかく歩く、テキパキ動く、重いものを持つといったことが多くて肉体的・精神的にも鍛えられましたね(苦笑)

それに加え、冷暖房設備のないところでは特に夏は暑さとの闘いで地獄そのもの…

20代の頃はまだ若さで乗り越えられましたが、30代に入ると徐々に足腰に影響が出始め、ハードな肉体労働を続けていくのは厳しいと実感しました。。

基本的にタフな人じゃないと、続けるのは無理かも…

まとめ

物流企業と言っても会社によって全然方針や環境、雰囲気が違うので、自分に合ったところで働くのが一番かと思います。

特に「単なる使い捨てのコマ」ではなく、ちゃんとひとりの人間として見てくれる会社を選ぶべきかなと思います。

しかし倉庫作業というのはきつい割には賃金が安い傾向があるので、本当にこの仕事が好きでない限り私は積極的にはお勧めしません。

ただしオフィスワークが苦手な方、単純作業を黙々とやりたい方ならハマる可能性はありますし、身体を動かす作業なら自然にダイエットできるかもしれませんね(^_^)

体力がきつくなってきた方におすすめ!

現在「肉体労働」に従事しているという方、体調管理はきちんとできていますか?

私もそうでしたが、ハードな肉体労働は20代の内はまだ若さで乗り越えられても、30代以降になると毎日身体をメンテナンスしないと、だんだん体力的にキツくなってきますよね(^_^;)

体力がキツイ

しかし肉体労働で疲れ切っていると、休日は寝てばかりでなかなか身体をメンテナンスしようという気にならないのではないでしょうか。

そんな体力不振やパワー不足、体調不良でお悩みの方におすすめなのが冬虫夏草です。

冬虫夏草とは、世界記録を連発した中国の陸上競技チームも常食しているキノコの一種です。

その冬虫夏草を粉末(サプリ)にしたものが「冬虫天草」という商品で、継続して摂取するだけで元気な身体を維持することが可能になります!

元気な男性

「冬虫天草」は不純物の多い中国産ではなく、熊本県天草市でつくられている冬虫夏草を100%使用しているので安心して摂取することができますよ☆

最近体力がキツイ…というあなたも、冬虫夏草の力で何歳になっても元気に肉体労働を続けられる身体をつくっていきませんか?

※天然の冬虫夏草は希少資源のため、在庫の限りがある場合もあるそうなので、ご興味のある方はお早めに!!

↓「冬虫天草」の詳細を見てみる

スポンサーリンク