行動に移せない人は考えすぎる癖を直そう

開けた道

やらない理由を探していませんか?

何かを始めるとき、頭の中ではやろうと思っているのになかなか行動に移せないといったあなた、行動する前に考えすぎていませんか?

行動に移せない人は特に未知の事となると、

「自分には無理なのではないか…」
「時間が経てばまた気が変わるのではないか…」

など、何かとやらない理由を探す傾向があります。

 

引き延ばさないでまずはやってみる

私も仕事を探している時に興味のある求人を見つけたのに、もっと条件のいい仕事があるのではないかと迷っていたら締切りになったことが何度もありました。

 

また、スキルを身に付けるためにWEBのスクールで勉強するかどうか決断するときも、文系の自分にできるのだろうかと悩んだ時期もあります。

しかし結局、その迷いや悩みで引き延ばした時間は無駄であることがほとんどでした。

 

優柔不断は誰も得しない。

WEBの勉強も実際、スクールの見学・体験に行ってみたら意外と自分でもできるものなんだと知って安心できましたしね☆

このように自分がやったことがないことに関して自分の中であれこれ思案していても、実際にそこに飛び込まなければ真実なんてものはわかりません。

 

求人情報にしても、実際に応募して面接まで行って自分の目で確かめないと、その会社のことなんてわからないものです。

面接に行ってみたら、自分の心配は「ただの取越し苦労だった」なんてよくありますからね。

警戒しすぎるとチャンスを逃す

ですから、思い立ったら先前にあれこれ考えすぎずに行動するべきだと思います。

失敗を恐れるあまり、安全策を練ってばかりで行動に移せない人はチャンスを逃しやすいとも言えます。

 

決断は48時間以内、長くても一週間が限度。

しかし、自分がどうしても気が進まないことに関しては話は別です。

たとえば人に言われて嫌々ながらやろうとしたり、納得していないのに仕方なく妥協することなどです。

 

迷いや悩みがあるとき他人の意見を参考にするのは構わないのですが、ただ早くこの状態から抜け出したいがために、他人の意見を自分の意見にすり替えようとしてはいけません。

動く時は何でも他人の意見に従えばいいというのではなく、自分の意思で動くべきです。

 

成功者はとにかく行動が早い

お金持ちや成功者はとにかくまずは行動に移すことで、どんどん道を開いていきます。

実際、世の中の成功者は夢や理想を語るだけではなく、素早く行動に移すことでそれを現実にしている人がほとんどです。

 

もちろん失敗することもありますが、成功は失敗の上に成り立つものです。

そうやって前向きに行動できる人はまたすぐに新たなチャンスに恵まれ、自然に成功へと導かれていくんですね。

 

なかなかできるもんじゃないと思うかもしれませんが、ほんの少し方向転換するだけでも充分に効果がありますので、ぜひとも真似したいものです。

まとめ

考えすぎてなかなか行動に移せず、ダラダラと引き延ばす癖のある方は、まずは自分の直感を信じてみましょう。

パッと脳裏に浮かんだことは、ただの思い付きではなく意外と正解だったりするんですよ☆

 

せっかく新たな道に進もうとしているのに、あれこれ勝手に想像して結局やらないなんていうのは本当にもったいないことです。

もし今なにか迷っていることがあるなら、勇気を出して行動に移してしまいましょう!

 

自分が「絶対にいける、やれる」と心に決めれば、必ずいい方向に行きますので心配しなくても大丈夫ですよ☆

 

(関連記事)

人生に迷った時は本当にやりたい道に進もう

うまくいかない人生の原因はここにあった!

 

迷いや悩みの時間は、せっかくのチャンスを逃してしまうだけ。

成功者の共通点は、とにかく失敗を恐れず素早く行動に移していること。

タイトルとURLをコピーしました