失業中に年越ししたら確定申告を必ずしましょう!

確定申告の書類

失業中の確定申告は難しくない!

失業中に年越しした場合、自分で税務署に確定申告する必要があります。

会社に勤めていたときは、年末が近づくと会社に年末調整の書類を提出し、年明け(もしくは年末)に給与とは別に、年末調整還付金というものが戻ってきたことと思います。

会社を辞めて年内に次の仕事が決まれば新しい勤務先で手続きしてもらえますが、無職のまま年越しした場合、年末調整は自分で確定申告することで行います。

 

源泉徴収票を用意しよう

収入がゼロだった場合を除き、確定申告には源泉徴収票が必要です。

納めすぎた税金を取り戻すためにも、辞めた会社から発行してもらいましょう!

源泉徴収票

たいていの会社は退職時に渡してくれるのですが、中にはこちらから催促しないと発行しない会社もありますので…

もし手元にない方は面倒でも前の会社に連絡して下さい。

 

その他、自分で生命保険や地震保険などに入っている人は保険会社から控除証明書が届いているはずです。

会社の年末調整でもしてきたとは思いますが、各種控除証明書も書類に添付して税務署に提出しましょう。

(※平成28年分以降の申告には、マイナンバーも必要になりました。)

申告書の作成はパソコンで簡単にできる

申告書の作成方法ですが、自宅にパソコンとプリンターがあればインターネット上(国税庁の確定申告書作成コーナー)で簡単につくることができます。

パソコンで確定申告

私も初めて自分でしたときは若干戸惑いましたが、手順に沿って必要事項を入力していくだけでややこしい計算もすべて自動でしてくれるのでとても楽です。

そして作成した申告書を印刷したら、添付書類と一緒に管轄の税務署に郵送するだけで、後日自分が指定した金融機関に還付金が振り込まれます。

(提出する用紙・添付書類および郵送する税務署の住所は、申告書の作成終了後に確認できます。)

 

なお、郵送以外にもe-Taxを利用した電子申請もできますが、その場合「利用者識別番号」や「電子証明書」の取得が必要になります。

できる人は電子申請でもいいですが、失業して自分で確定申告するのは一回きりという方も多いと思いますので、個人事業主でもない限り郵送での申告で十分かと思います。

せっかく税金が戻ってくるのですから、少額でもここは面倒がらずに提出しましょう!

 

確定申告はたとえ還付金がゼロでも必要

税務署で確定申告

申告書を作成すると還付金の額も表示されますが、まれに少額だと申告しない人もいるかもしれません。

しかし、毎年申告しないと年収が把握できないため翌年の税金などの計算ができません。

実は私もほとんど収入がなかった年に申告書を提出せずにいたら、4月になって税務署から別途申告するよう通知が来ました(^_^;)

ですので、たとえ還付金や年収がゼロの場合でも申告だけはしておきましょう。

 

やり方がよくわからない場合は直接税務署に行ってもできますが、どのみち自分で税務署にあるパソコンなどで作成することになります。

期間中はおそらく専門のスタッフが待機していると思いますので大丈夫です。

 

※新型コロナウイルス感染予防のためにも自宅からの手続を推奨します。

まとめ

今まで会社がしてくれた年末調整を自分でやるとなると、初めは戸惑いますよね。

しかし、確定申告自体はそれほど難しい作業ではないので、国税庁の確定申告書作成コーナーの手順通りに記入していけば簡単に終わります。

失業して自分で申告する機会はあまり無いとは思いますが、早めに済ませておきましょう。

なお、確定申告の時期は毎年2月中旬から3月中旬ですのでお忘れないように!

 

※2022年、新型コロナウイルスの影響で申告期限までに申告が困難な方は期限の延長ができます。詳細は国税庁ホームページでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました