進路の選択は他人軸ではなく自分軸で!

人生の門出

いま就職や転職でこれから進もうとする業界、あるいは進学でどんな学校を選択するか悩んでいるあなた、自分の意志ではなく他人の意見で決めようとしていませんか?

進路の選択を他人任せにしてしまうと、あとで必ず後悔するときが来ます。

私は子供の頃から親の言うことは正しい、絶対間違いはないと思っていたので、いつの間にか何をするのも親の確認を求めるようになっていました。

もちろん好きではない習い事を辞めたいと反発したり、部活動などは自分の意志で選択してきましたが、重要な選択の時は親の意見を聞いていたと思います。

それは親の方が人生の先輩である分、意見を聞くことによって安心感を得たかったからです。

実は親だって、まだわかっていないことも多いんだけどね…

私は大学進学や就職などの進路はなんとか自分で選択してきましたが、何でも親の言うことに従って人生を決めてしまうというのは自分を生きていないことになります。

すべて親や周囲の言うとおりの高校や大学に進学して就職先も決めてしまった人というのは、就職が決まった時点で目標を失い、虚無感に襲われるのだそうです。

つまり自分以外の他人軸で生きてしまうと、あるとき自分を見失ってしまうんです。

自分を見失って闇に入ってしまったとき、「自分は結局、何がしたかったのだろう」とそこで初めて気付くんですね。

特に親は子供に失敗してほしくないのでいろいろと意見を押し付けてきたりしますが、それは親のエゴに過ぎません。

確かに親や人の意見を取り入れることは大切ですが、それはその人の失敗から得たアドバイスとして参考にするだけにしておくべきです。

最初から失敗しないようにと安全な道を行くのもいいですが、「人は様々な経験や失敗を繰り返しながら成長していくものだ」ということも忘れてはいけません。

それに他人の失敗から出た意見というのも、その人にとっては失敗だったとしても、自分にも当てはまるとは限りませんしね!

親の心配は、子供の成長を妨げることもある。

しかし親が子供を心配するのは変わらないようで、社会人となった現在でも久しぶりに会うといろいろと意見を言ってくることがあります。

心配してくれているのはわかりますが、明らかに食い違いがあれば私は今でははっきりと、「私はあなたの人生を生きているのではない」と言えるようになりました。

あなたは今まで自分の意志で生きてきましたか?

もし今現在、ただ他人に言われるがまま生きているのだとしたら、今からでも自分軸に戻してみませんか?

(関連記事)

決断できないときは潜在意識に聞いてみよう

うまくいかない人生の原因はここにあった!

人は、他人の人生を生きることはできません。

自分の道は他人軸ではなく、自分軸で創っていくこと!

スポンサーリンク