器用貧乏を脱出すれば第一線で活躍できる

控え選手はベンチが定位置

仕事においてあなたはとりあえず何でもこなせるタイプですか?

こんな方は、器用なためにいろいろ手を出すもののすべて中途半端に終わってしまう、あるいは他人から便利使いされるだけで大成しない器用貧乏タイプかもしれません。

私もこれまで勤務した会社での立場を振り返ってみたら、このタイプでした(^^;)

何でもできるというのは強みでもありますが、会社内においては損な役回りになることが多いので、出世したい方は器用貧乏は脱出した方がいいと私は思います。

いまは人件費削減もあって、一つのポジションにスペシャリストを置くよりも、誰もが幅広く何でもできるような方針を掲げている会社も少なくありません。

常にギリギリの人数でまわしていくために、そのポジションの人が休んだ時にたちまち業務が立ち行かなくなってしまうのを防ぐためでもありますね。

皆が幅広く業務に精通することは確かに大事なことかもしれませんが、それだけでは個人の能力(才能)が埋もれてしまうので、この考え方は私はあまり好きではありません。

人間はロボットではないですし、ひとりひとりが同じなわけがありません。

元々その物事に対してセンスがあって難なくできてしまう人もいれば、かなり努力を要する人も当然います。

例えばプロ野球選手などでも「この選手は努力の人」と野球評論家が言っているのを聞いたりします。

「抜きん出た才能はないけど、とりあえず何でもこなせるプレイヤーだから一軍ベンチ入りはさせておくがスタメン起用することはない。」

そして「目立った活躍はしていないので当然年俸も上がらない、下手したらほとんど出番がないままプロ野球人生が終わってしまう」タイプの選手です。

つまり「努力の人=器用貧乏=万年控え」とも言えます。

もちろんチームにはそういった選手も必要かもしれませんが、選手本人は一軍でスタメンでプレイしたいはずです。

そんな選手たちの中には、トレードで他球団に移ったことがきっかけで一気にブレイクする選手もいます。

会社もこれに当てはめたら同じようなものですよね。

会社の中では居てくれると助かるけど特に重要なポジションを任されるわけではなく、困った時には代理で利用される存在、第一線にいるわけではないので給料は低いまま。

そして会社ではこういう位置づけの人は社員ではなく、派遣などの非正規に置き換えられたりもします。

そんな扱いだった人でも転職で他社に移ったとたんに能力が花開き、一気に年収が上がったりする場合もあります。

好んでそういう位置に居続けたいなら話は別ですが、やはり便利使いで終わる人生というのはどこか虚しいものです。

今の会社では無理でも、自分の才能を100%発揮できる仕事や職場は必ずあります。

本当にやりたいと思った仕事があるのなら、器用貧乏はもう卒業する時期かもしれませんよ!

一つのことに秀でている人より、何でもそつなくこなせる人の方が損をする場合が多い。

今の場所で一生控えで終わるか、スタメンを目指すかはあなた次第!