やりたい仕事に就くルートは考えなくてよい

どのルートで行くかはお任せ

「仕事は自分のやりたいことをする」のが重要なことを何度も記事にしていますが、そうはいっても一体どうやったらその仕事に就けるのかという部分が問題になる場合があります。

どこかに就職する場合は、求人情報を見て応募するというのが基本になってきますが、ダイレクトに希望の求人が見つからないときもあります。

また、そもそも求人サイトなどに載らないようなジャンルの仕事もあるでしょう。

そうなってくると後はコネか、知り合いに頼んで聞いてもらうといった方法しかなくなりますが、必ずしもコネや知り合いがあるとも限りませんよね(^^;)

その場合はまず自分が「この仕事をやりたい」といった強い気持ちを持ち、見えない宇宙の力が導いてくれるのを待つことです。

導きといっても、突然その仕事のオファーが来るのを待つというのではなく、まずは今の自分ができることから始めることです。

つまり、希望の仕事に関連するイベントに参加してみたり、実際にその場に行ってイメージしてみたり、今後役に立ちそうなアルバイトを始めてみたりすることです。

たとえば、イベントに参加したことでまさに自分のやりたいことを実現している人に出会い、それがきっかけでスルスルと希望を叶えてしまう人もいます。

また、スクールで学んで就職活動しなければその職に就けないと思っていたのに、アルバイト先で将来の希望を話したらその仕事ができる部署に社員としてあっさり採用されてしまったりなどがあります。

このように本気で「この仕事でやっていくんだ!」と決め、できることから始めていけば必ずその仕事ができる方向に導かれていきます。

ですから、どうやったらその仕事ができるようになるかのルートに関しては、あまり最初から考えなくて大丈夫です!

必ずしもあらゆる求人情報をくまなく探して見つけないと、自分のやりたい仕事ができないといったことはありません。

まったくコネがなくても、たまたま知り合った人がキーパーソンになる可能性もあります。

もし今、どうやったらやりたい仕事に就けるのだろうかと悩んでいる方はまず直感的にこれだと思ったことから始め、周りに自分の意思をどんどん表明していきましょう(^^)

やりたい仕事は求人情報の中から探すだけとは限らない。

本気で目指す人には、見えない力によって自然にルートが出来上がる。