自由な生き方を選択した人は成功する

自由の象徴である女神

あなたは「もっと自由な生き方ができたらいいなあ」と思ったことはありませんか?

学校を出て就職し、結婚して子供を持ち、家族を養いながら定年まで会社で働いて老後は孫と遊んだり、旅行に行ったりして余生を過ごすといった生き方が今も一般的かもしれません。

しかし今の時代は思うような就職ができなかったり、低収入で結婚できなかったり、働きたいのに子供を預ける場所がなかったりする人も多くなっています。

昔は当たり前だった生活スタイルが難しくなってきたということは、これから生き方や考え方を変えていく必要があるということです。

いまどき戦時中の生活をしている人がいないのと同じで、時代というものは常に変化していくものですし、これからの時代はもっと自由に生きていいと思います。

特に成功者は世の中の常識にとらわれず、自由に生きている人が多いのも事実です。

たとえば有名人や経済的に成功している人というのはだいたい、普通の人生を送ってこなかったというパターンが多いですよね?

もちろん育った環境の違いもあるかもしれませんが、そういう人たちは早いうちから決められたレールには乗らず、自分の信じたやり方で未来を切り開いて成功しています。

普通の会社員では会社員としての限られた人生しか送れないので、有名になったり経済的成功を収められる人は少ないですよね(^^;)

もちろん会社に勤務して平凡に生きるのが幸せならそれでいいと思いますし、会社員が嫌なら自分で事業を起こしたり、フリーで働く選択肢もあります。

特に会社員として生活していると、特に内勤の場合は普段の通勤や帰宅時の風景しか目に入らなくなり、それが当たり前の生き方だという風に思ってしまいがちです。

つまりそれだけ視野が狭くなるので、広い世の中が見渡せなくなるんですね。

しかしちょっと視点を変えてみると、会社員にならなくてもお金を稼いで自由に生きている人がたくさんいたりするものです。

今の時代なら、ネットを最大限に活用して動画やアフィリエイトなどのネットビジネスで生きている人や、SNSで有名になって自分の得意なことで生計を立てている人もいますよね。

大事なのは、「こうでなければならない」といった常識のようなものを打ち破る勇気です。

自分が見ている世界は本当に狭いものだということに気付かないと、人生は変わりません。

従来どおりの生活をイメージしたとき「何か違うな、時代にズレてるな」と思ったら、それは生き方を変えるサインかもしれません。

いまは新卒で就職しても昔のように定年まで約束されるわけではありませんし、一度きりの人生、もっと自由な生き方を選択してみてもいいと思いますよ!

時代に合わせた生き方をしていかないと、どこかで無理が生じる。

自分が思い込んでいる常識は、どこかの誰かが勝手に作ったものに過ぎない。

スポンサーリンク