仕事がつまらないと感じたらさっさと辞めるべき理由

退職届を出す男性

いま、自分のやっている仕事がつまらないと思っている人もいれば、やりたい仕事があるのに採用枠がなくて入れないと嘆いている方も多いのではないでしょうか?

実際、世の中の多くの人々は自分のやりたい仕事(適職)に就いていないと言われています。

特に1990年代のバブル崩壊以降は不景気な時代が続いたため、とにかく安定した仕事であればジャンルを問わずに就職する人が増えたのも理由の一つかもしれません。

しかし、本意ではないのに「安定している」というだけの理由でその会社にしがみついている人がいる限り、本当にその仕事を希望している人が就職できませんよね(^_^;)

それに自分はつまらないと思っていても、他の人がつまらないと感じるとは限りません。

仕事に対する価値観は人それぞれ。

乱暴な言い方をすれば、ただしがみついているだけの人はさっさと辞めるべきです。

そして自分のやりたい仕事に転職し、本当にやりたい人にポジションを譲りましょう!

「自分が辞めれば会社に迷惑がかかる」なんて変に責任を感じる方もいるかもしれませんが、今の時代、よほど影響力のある人でもない限りたいして問題にはなりません。

実際、替わりの人材はいくらでも居ますし、退職は意外とあっさり了承されるものです。

トレードは理にかなった制度

しかし、いきなり退職・転職といってもなかなか勇気がいることです。

こんなときプロ野球のように「トレード制度」があったら面白いですが、社内異動かせいぜい同じグループ企業への出向くらいですよね。

プロ野球なら、たとえばチーム編成を考えた時

・左の先発が不足している
・打力のある外野手が欲しい
・とにかく足の速い選手が欲しい

といったような補強ポイントが必ず出てきます。

そんな時は、シーズン中でも球団間で緊急トレードが行われたりしますよね。

そして選手が適材適所に異動した結果、いままでパッとしなかった選手が水を得た魚のようにイキイキと活躍し、チームに貢献することもよくあります。

このように「トレード」は非常に理にかなった制度ですが、一般企業が異業種他社間で人材をトレードするのは難しい話です。

もし自分の持ち味が活かせずストレスを抱えているくらいなら、今のところ思い切って転職か独立するしかありません。

新しい時代と自然災害の意味

平成時代が終わりに近づくにつれ、日本では大規模な自然災害が多発しています。

「絶対に地震は起こらない」と言われていた地域が最強クラスの地震に襲われたり、想定外の雨が降って広範囲が水害にあったり、台風が逆走したり…

これらはもちろん地球温暖化の影響もあると思いますが、今までの考え方(固定観念)を改める時期に来ているという、宇宙からのサインだとも言われています。

多くのスピリチュアル関係者も様々なメディアで発信していますが、いま時代が大きく変わろうとしている時なので、こういった災害が起こっているということです。

新時代に移行するためには、古いものを壊す必要がある。

つまり、これくらい大きな自然現象を起こさないと、なかなか人間が気付けないからであり、今後はもっと各自が意識を変えていかないといけない時代が来ているんですね。

平成天皇がご存命中に退位すると決断されたのもある意味、偶然ではないのかもしれません。

この記事を読んでいる方の中には、昭和生まれの人も多いかもしれませんが、平成時代でさえ終わろうとしています。

働き方に関しても、これからはそれぞれが自分の得意な仕事に就き、その時その時でスペシャリストが集まってプロジェクトを組むのがスタンダードになるのかもしれませんね。

従来の古いやり方、考え方に執着していて仕事がつまらないと感じている人は、今からもっと新しい時代に意識を向け、動いてみてはいかがでしょうか?

(関連記事)

ストレスのない仕事は自分の得意分野から探せる

自分らしさを出していこう!これからは個性の時代

 

仕事がつまらないのは、自分を偽っている証拠。

これからは新時代に素早く適応した人ほど、豊かになっていく。

スポンサーリンク