仕事が続かない原因?それは本当はやりたくない証拠

転職サイトを眺める男性

あなたは一つの会社で長く続くタイプですか、それとも何度も転職するタイプですか?

私は職を転々としてきたので後者のタイプと言えますが、仕事が長く続かない原因としては様々なものがあります。

まず派遣や契約などの非正規社員は、閑散期や人材過剰などの理由で会社側から契約を切られるという場合があります。

次に、働き始めたらブラック企業だったという場合と、人間関係がうまくいかずに辞める場合があります。

そして比較的多いのは、本当はやりたい仕事ではなかったというものです。

それは、仕事を探すときに「これなら自分でもできそう」とか「ここなら家から近い」など、お金を稼ぐために条件だけで選んでしまったのが原因かもしれません。

自分はそもそも何がやりたかったのか、覚えていますか?

求人が少ないと「仕事は選んでいる場合ではない、とにかくどこでもいいから就職しよう」となりがちです。

実際、失業してハローワークに行くと職員が「どこでもいいから応募してください」なんて、無責任なことを言ってきたりもします。

しかしそのスタンスだと、たとえ採用されても最初のうちは何とか自分を誤魔化しながら新鮮な気持ちで働けますが、時間が経つにつれてだんだんやる気がなくなるものです。

そして、仕事にも慣れて「さあ、これから」という時に辞めるパターンになります(+_+)

私が以前勤務していたどの会社でも、短期間で辞める人というのは本当に多かったです。

せっかく業務を覚えても途中で「違和感」を覚えて辞めるのは個人の自由ですが、会社や業務を教える者の立場から見たらかなり迷惑になっているのも事実です。

私も業務を教える立場にいたことがあるので、途中で辞められた時はショックでした(^_^;)

仕事なんてやってみないとわからないというのは確かですが、それでも最初からやりたいと思った仕事を選ばないと、自分にとっても会社にとっても不幸な結末になります。

世の中の8割の人は我慢して働いているとも言われていますが…

仕事が続かない原因が「やりたくない仕事を選んでいること」だったとしたら、その選び方はもう手放さなければなりません。

また、今までずっとやってきた仕事でも「もうその仕事はやりたくない」と思っている時は、別の道に進む時期が来たということでもあります。

仕事が続かないと悩んでいる人はこれからはもう「やりたくない仕事、好きではない仕事」を安易に選ぶのはやめましょう!

自分が本気でやってみたいと思った仕事に思い切ってチャレンジすれば、きっと長続きする会社に出会えますよ☆

(関連記事)

やりたい仕事がわからないのは自分を忘れただけ

適職診断は電話占いが一番当たるのは本当だった!

仕事が続かない人は、本当にやりたいことを忘れているだけ。

すぐ辞めるくらいなら、思い切ってやりたいことにチャレンジしよう。

スポンサーリンク