中小企業から大企業に転職してみたものの…

大手企業に転職する

前記事「引っ越しして心機一転と思いきや…」から続きます。

都会に引っ越し、スクールでWEBを学んでせっかく新たな人生を歩もうとしていたのに、またまたブラック企業に入ってしまい、体調を崩して辞めてしまった私…

これ以上居たら確実に自分がおかしくなると判断して辞めたのは正解だったとは思いますが、当然また仕事を探さないといけません。

せっかく学んだことを活かせる仕事に就こうと張り切っていたのに、このダメージが大きかったのかすっかり自信も失ってしまい、また別の道に進もうとしていました。

WEBの知識は自身のサイト運営に活かされていて全くの無駄にはなっていなかったので「今度はもっと精神的に楽な仕事にしよう」と単純作業の仕事を重点的に探し始めました。

いままではきっと中小企業だったから法令を守らないなど、環境的に長続きしなかったんだとその時は思ったので、今度は大企業にしようと考えました。

そして正社員ではなく契約社員ではありましたが、とある有名な大企業に採用が決まり、また私の新たな人生がスタートしました。

さすがに今までとは違い、最初から手続きなどがしっかりしていて違いを実感しました。

入社前には費用は会社持ちで指定された家の近くの病院で健康診断を受け、全身(履物まで)制服が2着ずつ貸与されるので仕事着に困らない。

そしてなにより、私も有名企業の一員になれたことがうれしかったことを覚えています。

ただし契約社員なので時給制(しかも激安)でしたが、今まではいい加減な会社ばかりだったので、きちんとしているだけでも大きな進歩だと思いました。

しかし、そう思っていたのも最初のうちだけでした。

まず初日に出勤すると、同じく今日から始まる短時間契約の方と一緒に、業務や社内のルール説明を担当の社員から受けることに。

そして説明を受けている途中、「朝礼が始まるのでそちらに行ってください」とのこと。

人もたくさんいるのでどういう風に紹介されるのかと緊張していたら、私たちのことはスルーで何事もなかったかのように朝礼が進み、業務が始まりました。

結局私たちは、職場の人たちに紹介されることも挨拶をすることもなく、ただ現場に放り込まれただけでした。

このとき「契約社員の扱いは所詮こんなものなんだな」と思いましたが、ここは気持ちを切り替えて業務にあたりました。

そしてよくよく辺りを見渡してみれば、制服を着ている者より明らかに私服で作業している人の方が多く、私服の人たちはすべて派遣社員ということがわかりました。

また派遣社員といっても派遣元がそれぞれ違い、まったく同じ仕事でも派遣元によって時給がバラバラで互いに会話もなく、仲がいいとも言えない様子…

今までは職場の人と軽くコミュニケーションをとりながらの仕事だったのですが、この会社ではそういった会話は一切禁止。

何かあったときは必ず現場のリーダーに聞くという、徹底したルールが敷かれていました。

職場全体がビジネスライクで仕事も完全に合理化され、私たちはただ黙って指示されたとおり機械のように無駄なく動くことを要求されるだけでした。

この点はさすがに大手だなと感心しましたが、業務に慣れるにつれ次第に虚しさがこみ上げてきました。

ルールとマナーを守ってロボットのように動くだけの内容で、自分の意思や感情というものは無視されることに違和感を覚えたからです。

工場のライン作業などもよく「長続きしない、単調すぎてうつになる」と聞いたりしますが、たぶんそれと似たような感じです。

ただしコミュニケーションが苦手で、ひとり黙々と作業したい方にはこれでいいのかもしれません。

実際、場合によっては1日中誰とも話さずに終われることも可能だからです。

確かに、ルールが徹底していてリーダーの指示に従うだけなら自分勝手に動く人も出ないし、やり方も統一されるのでいい面もあります。

契約社員でも有給休暇は100%消化できますし、職場もわりと綺麗で最上階には同じ建物内で働く人が利用できる食堂もあります。

あとは仕事が面白くないことと薄給を我慢すればいいだけですが、入社2ヶ月後、同時に入社した短時間契約の人が「職場の雰囲気に馴染めないから…」といって辞めてしまいました。

私もその人と話すことが多くて同意見だったので「辞めそうだなあ」とは思っていましたが、私に引き止めることはできません。

結局私は、心の中では嫌々ながらも会社のいいところだけを見るようにして何とか続きましたが、時給は全く上がることはありませんでした。

そして途中から評価制度というものが導入され、個人個人の評価がこと細かくランク付けされるようになりました。

それは言ってみれば子供の学校の通信簿のようなもので、まあ間違いではないかもしれませんが、個人のあら捜しをされているみたいであまり気分がいいものではありませんでした。

評価の面談は必ず契約更新の前に行われ、たとえ評価が良くても時給が上がることはなく、むしろ何かミスをしたときに時給を下げるためのものでした。

私も数年まじめに頑張ってそろそろ時給上がってもいいのになあと期待していましたが、一度ミスをしてしまったことを指摘されて逆に下げられてしまいました…

それも、ただでさえ労力からしても低すぎる時給を、その地域で決められている最低時給まで下げられました。

そして、

大企業ではいくら頑張ったところで所詮は大勢の中の一人で会社の歯車としか見られず、個人としてはほとんど期待されていないということ
私が辞めたところで替わりはいくらでも居るということ

を、ここではっきりと思い知らされました。

この一件で私のやる気は完全に吹き飛んでしまい、またもや会社を辞めることになってしまうのでした…

(このシリーズは、いったんここで終了します。)

スポンサーリンク