肉体労働の思い出(ホームセンター編)

ホームセンターで肉体労働する人

私はこれまでに多くの業界で働いてきましたが、いちばん最初に新卒で入社したのは、とある田舎のホームセンターでした。

当時、高卒から大卒まで合わせて30名以上が入社したと思いますが、私は本社ではなく現場(販売職)に配属になりました。

小売業ですので当然、接客販売がメインではありますが、私の担当部署であった日用品部門は特に肉体労働が多かったような気がします。

まず、日用品は取り扱いの種類が多いので売り場も広く、そして商品も何かと重くてかさばる物が多く、入庫や陳列が想像以上にハードでした(^^;)

中でも、ティシュペーパーやトイレットペーパーが一番大変だったと思います。

毎週土日はティシュとトイレットペーパーの特売があったため、毎週それぞれ100ケースずつ人力で運んでいました。

節約を通り越したすごくドケチな会社だったため運搬手段が人力しかなく、1ケース10kg以上あるダンボールをひたすら搬入口から遠く離れた狭いバックヤードまで運び、ひとつひとつ手で積み上げていました(@_@)

そして、ヘロヘロになってやっとバックヤードに納めた数日後には売り場に出さなければなりませんし、またそれを特売日に売り場に補充するのも大変でした。

ちょうど紙製品が高騰し始めた時期での格安販売だったため、1970年代のオイルショックでも起こったかのように毎週お客さんが詰め寄せ、あっという間になくなるという状態でした。

あまりに殺到するため補充が追い付かず、重いケースをバックヤードから引っ張り出してきて箱から出した瞬間に奪われるという日々が続きました(^^;)

何人かでやれるならまだいいのですが人件費削減で人がおらず、毎回私一人でやるのが恒例となっていました。

売り場が狭くてあらかじめ在庫を置いておくスペースがなかったのも、無駄な労力を使う原因となっていたと思います。

しかも、これだけヨレヨレになって販売したところで1つ当たりの利益は3円くらいでした…

売上金額は上がっても利益はほとんどない、いわゆる薄利多売というやり方ですね(^^;)

客寄せ商品でもあったのですがシビアなお客さんも多く、見事にそれだけしか買っていかない人も多かったように思いました。

開店1時間くらいで完売し、客入りもそれが終わったらスーッと引くといった感じで、売り方の改善の要望も出しましたがまったく聞き入れてもらえませんでした(+_+)

昔、スポ根ドラマさながらのハードな運動部で鍛えたのが、ここで役に立ったと思うしかありませんでしたね(笑)

ホームセンターに勤務する女性にたくましい人が多い感じがするのは、こういった理由もあるのかもしれませんよ!

★DIY(日曜大工)に興味のある方におすすめ!

ホームセンターでのお仕事やDIYに興味があるというあなた、より本格的な知識や技術を身につけたいと思いませんか?

日曜大工って意外と我流でやっていたりして、上手くできなかったりしますよね(^^;)

「プロのような技術を身につけて、我流の素人から抜け出したい…」とお悩みの方におすすめなのが、DVD講座です。

「基礎から楽しむ日曜大工DVD・道具の使い方18のレッスン」は、家具作家で木工DIYのプロ黒瀧道信先生から、日曜大工に必要な手工具・電動工具の使い方を学べるDVDです。

DIYの技術を一から身につけたい、お店に置いてあるようなお洒落な家具を自分で作りたいというDIY初心者でも、この動画で学べばプロ並みの家具を自由自在に作れるようになります。

DIY業界に興味のある方から女性や子供にまで、DIYの入門編として最適な動画です!

今なら、キャッシュバックキャンペーンなどの6大特典も付いてきます。

このDVDでプロの知識と技術を身につけて、仕事や趣味を充実させていきましょう(^^)

※DVD2枚組(手工具編 / 72分43秒 電動工具編 / 94分10秒)

↓詳しくはこちらです

・DIYのプロ黒瀧道信の基礎から楽しむ日曜大工DVD 道具の使い方18のレッスン【6大特典付き】