親が子供に理想を押し付けてはいけない

ピアノを習う

私は、自営業の両親のもとで育ちました。

育った田舎は世間が狭く、仕事をしていくうえでも世間にはいいイメージを持ってもらうため躾もうるさく、子供ながらに外面は良くしていたと思います(笑)

しかし、親というのは子供を自分の理想に仕立て上げようとするので、窮屈な思いもたくさんしました。

たとえば、私が全く興味のない習い事を無理やりさせられたりもしました。

少し歳の離れた姉がピアノを習っていたのですが、私も気付いたら習わされていました。

姉はピアノに興味があったかもしれませんが、私はすごくでした。

当然、家で練習などするはずもなく、週に一度のレッスンでは毎回先生から怒られるのが当たり前となっていました。

さらに楽譜も読めないし、レッスンに来て初めて弾く(練習する)といった私は大変問題児だったと思います(笑)

家ではいつもやりたくない、辞めたいと泣きながら逃げ回っていましたが全く聞き入れてもらえず、結局保育園時代から小学6年生まで習う羽目になりました。

中学生になる時、私が自分から運動部に入りたいと言ったら、あっさり「じゃあ辞める?」と言われ、ようやく解放されました。

それにしても、なぜそこまで意地になってピアノを習わせたのかがわかりません。

もし私が親だったら、興味がなくて見込みがないとわかったら無理にさせません。

同じ月謝を払うなら、子供が自ら興味を持った習い事をさせた方がよほど本人の為になると思います。

この時は晴れてピアノを辞めることができましたが、私はいつの間にか親の顔をうかがう癖がついていました。

運動部に入ったのは自分の意思でしたが、何をするにもまず親の意見を聞いて自分というより親が喜ぶ選択をしていたと思います。

実はピアノのレッスンの最中に、あまりにも私が練習をしてこないのである日とうとう先生がキレてしまい(^^;)  「誰のためにやってるの?」って聞かれたのです。

その時思わず私は「親のため…」だと言いそうになったのをグッと飲み込み、何も言えなくなりました。

もちろん「自分のため」と言うべきところですが、私はどうしても心からそうは言えなかったのです…

今では、そういう経験をするように私の人生に最初からプログラムされていたことなのだと思うようにしています(^^;)

親は子供が自らやりたいと言ったことをさせてあげよう!

子供は親の所有物ではありません。