物が突然消えたり現れたりするのはなぜ?

宿題中、消しゴムが消えた?

あなたはそこにあるはずのものが突然視界から消え、いくら探してもなぜか見つからないといった経験をしたことがありますか?

私は子供の頃からそういった経験があります。

いちばん印象に残っているのは、小学生のときにお気に入りだった消しゴムが突然消えたことです(^^;)

あの日は学校から帰宅し、部屋でひとり宿題(問題集)をしていました。

問題集の紙質があまりよくなく、書き間違えた文字をきれいに消すのに消しゴムとの相性がありました。

手持ちの消しゴムではうまく文字が消えなかったのですが、あとで新しく買った消しゴムではびっくりするくらいきれいに消すことができました(^^)

そのときも良く消える消しゴムを使用していたのですが、いざ使おうと思って手を伸ばすと、ついさっきまでそこにあった消しゴムがありません(!)

消しクズも残っているので、先ほどまで使用していたのは間違いありません。

誰も部屋には入ってきていないので、誰かが持ち出すこともありません。

慌てて身の回りから部屋の隅々まで探し回りましたが、結局見つかりませんでした(^^;)

字を消す消しゴム自体が消えるなんて、シャレでしょうか…

「ま、そのうちどこかから出てくるだろう」とあきらめましたが、消しゴムはあれから数十年たったいまも行方不明です(笑)

実はこの記事を書いているつい最近も、そのようなことがありました。

自分の経験ではないのですが、年末年始に実家に帰省したときのことです。

母がお正月になったら飲もうとキッチンの棚に保管していた茶葉の入った茶筒が見つからないというのです。

どこにも持ち出すことはないし、母以外の人が探してもやっぱりありません。

しかし数日後、再び棚の中を見るとちゃんとそこに茶筒がありました(^^;)

また、祖母が補聴器の小さな電池をベッドの中でなくしたので布団やマットの隅々まで探したそうですが、結局なかったそうです。

そしてその晩ベッドに行くと、あれだけ探していた電池がひとつ、掛け布団の上にちょこんと乗っていたそうです(°_°)

まるで誰かが拾って置いてくれたかのように…

時に、こういった自分の勘違いだけでは済まされないような(?)不思議な現象が起こることがあります。

たいていその時は「え、なんで?」と思っても時間がたつと忘れてしまいがちですが、これは宇宙の見えない力が働いているのかもしれません。

実はこの現象は、自分が存在する次元が変わったというサインだとも言われています。

「未来はどこに周波数を合わせるかで決まる」の記事でも書きましたが、自分が合わせている周波数が変わったとも言い換えられます。

つまり自分が存在する世界というのは無数にあり、別次元に切り替わった瞬間に物が突然消えたり、思わぬところからまた出てきたりする現象が起こるということです。

消えた後に出てこないものは必要のないものだったということであり、本当に必要なものならまた突然出てくるんだそうです。

(※見つからなかった私の消しゴムは、必要なかったということなんでしょう。。)