意識を変える実験に挑戦してみたらすごかった

街を走る黄色の車

普段から「うまくいかない」「こんなことあるわけない」「あれは元々~だから」と自分の中で決めつけていることは誰でもあると思います。

しかしそれは自分が創った思い込みの世界であって、自分が意識しているものを反映しているだけだそうです。

そんな思い込みの枠を外すための「意識を変える簡単な実験」があると知ったので私も試してみました。

それは、パム・クラウド著「こうして、思考は現実になる」という書籍の中で紹介されている実験のひとつで、「フォルクスワーゲン・ジェッタの法則」というものです。

内容は48時間以内に黄色の車と、黄色の蝶を見つけるという実験です。

黄色の幼稚園バスなら見たことはありましたが、実験前は黄色の普通車なんてまず見たことがなかったので、とりあえず私は普通車を見つけようと思いました。

蝶も、自然の乏しい都会では見たことがないので、半信半疑で実験を始めました。

ところがです!

「見る」と決めて家を出てすぐ、つい最近家の前にできたコインパーキングに黄色の普通車が停まっていました(°_°)

開始早々、あっけなく見つけてしまったので驚きを隠せませんでした(^^;)

そしてドキドキが収まらないまま、徒歩20分ほどの量販店まで散歩していたら、団地の脇にある小さな花壇のところに黄色のアゲハ蝶(しかも2匹)が飛んでいるのを見てしまいました。

アッと思って見ていたら、まるで私に存在をアピールするかのように私の目の前までヒラヒラ飛んできました。

タイムリミットは48時間以内となっていますが、なんと私はものの15分くらいで両方とも発見してしまったのです。

この実験によって「これを見ると決めたら本当にそれを見つけることができる」ということを身をもって知ることができました。

つまり、この現実世界はいつでも自分で創造できるということなんですね。

普段自分の視界に入っているはずなのに、自分が見ようと思うものしか目に入っていなかったとも言い換えられますよね。

実験前だって目立つはずの黄色の車も蝶も確かに存在していたということなんですが、一体私は今までどこを見て歩いていたんでしょうか(笑)

面白かったので後日、別のもので実験してみました。

特に意味はありませんが(^^;) 、人の多い近所の街中で紺色のジャージパンツをはいた大人の女性を見つけるといったものです。

ジャージパンツ(しかも紺色)のまま街に外出する大人なんているのか?と思ってましたが、出先からもうすぐ家に着くといったタイミングでやっぱり見てしまいました。

やはり注意深く観察していると「絶対ないでしょ!」と思っている景色も見られるんですね。

黄色の蝶は、私は春に実験したので実際に飛んでいるものを見れましたが、蝶の絵とか柄でもいいみたいです。

この「意識を変える実験」にご興味のある方は、自分でも試してみてくださいね!

思い込みとは、自分が見たいと思うものを見ているだけに過ぎない。

見たいものだけを意識すれば、自分の思う世界を創造していくことができる。

スポンサーリンク