クレジットカードは退職前に作っておこう!

クレジットカード

転職・退職前にすべきこと

転職を考えているあなた、退職前にしておくべきことの一つにクレジットカードの申し込みがあります。

というのもクレジットカードの作成には審査があるため、申し込みは安定した収入(勤務先)がある時にした方が断然、審査に通りやすくなるからです。

ここでは、カードを申し込むタイミングとおすすめのカードについてご紹介します。

 

転職直後はカード審査が厳しい

クレジットカードは申し込みの際、勤務先や勤続年数などを聞かれます。

つまり、退職後や転職直後に申し込むと信用度が下がってしまい、いくら支払い能力があっても審査にパスできなくなるんです。

 

クレジットカードの審査の基準は発行会社によって異なりますが、一般的に銀行系のカードは審査が厳しいと言われています。

私も転職してすぐ、通勤のために使う交通系のクレジット一体型カードを申し込んだのですが、残念ながら審査に落ちてしまいました(+_+)

理由は教えてくれませんが、おそらく転職直後で信用度が低かったのが原因でしょう。

申し込みは会社を辞める前がベスト

転職・退職が決まり、これからクレジットカードを作る予定のある人は会社を辞める前に早めに申し込んでおきましょう。

辞める前に申し込んで発行されれば、転職・退職しても剥奪されることはありません。

 

私も転職直後に申し込んだ通勤用のカードの審査に落ちたとき、「退職前に作っておくべきだった!」と非常に後悔しました(^_^;)

しかも一度審査に落ちてしまうと次の申し込みまで半年程度あけないといけないので、すぐに欲しくても作れないんです。

 

結局、半年後に再度申し込んでようやく審査にパスできたよ。。

迷ったら楽天カードがおすすめ!

ところで一口にクレジットカードと言っても本当にたくさんの種類がありますが、一体どれがいいのか調べるのが面倒くさい…という方にもイチオシなのは「楽天カード」です。

テレビCMなどでも盛んに宣伝されていますが、私自身も使ってみてお得に感じるのはやはり楽天カードです。

キャッシュレス化

日本ではまだまだ現金派の人が多いですが、日本も近い将来キャッシュレスが当たり前の時代になるのは間違いないでしょう。

普段○○ペイを使っている人も、支払い手段のひとつとして作っておいて損はありません。

 

私は他にもカードを持ってるけど、今はほとんど楽天カードしか使ってないよ。

楽天カードが選ばれる理由

実際、2人に1人が持っているとも言われる人気の楽天カードですが、選ばれているのにはそれだけの理由があります。

1.ポイント還元率が高い!

まず、ポイント還元率が高いことがあげられます。一般的にクレジットカードは還元率が0.5%のところが多いですが、楽天は1%です。

また、楽天市場でのお買い物に使う場合はなんと3%の還元率になります!

※ポイントは「楽天スーパーポイント」として付与されます

2.使ったら速報が入る!

楽天カードを使用すると、早ければ翌日には使った金額の速報メールが入ります。

確かにカード決済されたことが確認できるので、とても便利です。

万が一、不正利用されてしまった時の知らせにもなりますよね!

3.年会費は永年無料!(海外旅行傷害保険つき)

クレジットカードには年会費がかかるタイプもありますが、楽天カードなら年会費は永年無料です。

また、海外旅行先でのケガや病気・トラブルをサポートする海外旅行傷害保険(最大2,000万円)もついてきます。

(※プレミアムカード、ゴールドカードは除く)

4.審査と発行が早い!

クレジットカードを申し込むと、審査に時間がかかりますよね。

通常は3週間から1ヶ月近く待たされることも多いですが、楽天カードは申し込みからわずか1週間で届きます!

もちろん、届いたその日から使えますよ☆

5.新規入会&利用で高額ポイントがもらえる!

楽天カードはいつでも入会キャンペーンをやっています。

時期によって内容が変わる場合もありますが、一度使うだけで5,000ポイントは確実にもらえます!

もれなく5,000円分のポイントがもらえるなら、一枚作る動機になりますよね☆

6.ポイントの使い道が多い!

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場でのお買い物から楽天モバイル・楽天トラベル・楽天証券…といった数々の楽天グループで使用できるので、使い道に困りません。

その他、マクドナルドなどの楽天ポイントを導入しているお店でも使えますよ☆

また、楽天カードの請求額そのものを楽天ポイントで支払うことも可能です。

7.ポイントの貯まるスピードが速い!

私はもう何年も前から楽天カードですが、楽天市場などのネットショッピングをはじめ、携帯や光熱費・ネット回線・プロバイダ・保険料など、ほとんど楽天カード払いにしています。

このように、楽天カードをメインにしたおかげでどんどんポイントが貯まっていき、通算獲得ポイントはいつの間にか24万ポイントを超えました。(2021年11月時点)

楽天通算獲得ポイント

(追記)2枚目のカードも作成可能に!

2021年6月より、楽天カードを持っている人なら誰でも2枚目のカードが作れるようになりました。

一見、2枚も不要に感じるかもしれませんが、2枚持つメリットもあります。

1.別の国際ブランドのカードが選べる

国際ブランドを変えたい場合、今までは一度退会して入会し直す必要がありましたが、これからは2枚目に希望のブランドを選ぶことができます。

2.別のデザインカードが持てる

別のデザインに変えたい場合も一度退会する必要がありましたが、2枚目に希望のデザインカードを選ぶことができます。

(※国際ブランドによっては選べないデザインもあり)

3.用途別に使い分けができる

「仕事用とプライベート用」「光熱費と買い物用」など、用途に応じて使い分けることで家計の管理がしやすくなります。

4.引落し口座を別々にできる

1枚目は楽天銀行、2枚目は別の銀行というように、引落しされる口座を分けて使うこともできます。

ちなみに楽天銀行を引落し口座にすると、楽天市場での楽天カード払いでポイント+1倍や楽天銀行の普通預金金利がアップするなどのメリットもありますよ☆

カードデザインも一新!

楽天カード新デザイン

2021年11月下旬より、ノーマルタイプのカードに関しては表面に記載されていたカード番号と有効期限が裏面に移動しました。

これにより、街のお店でのカード番号の盗み見等のリスクが低くなるので安心ですね!

楽天カードの注意点

と、ここまで楽天カードのメリットばかり書きましたが、もし楽天カードで公共料金等(電気・ガス・水道・各種税金・国民年金など)を払おうと思っている方は注意が必要です。

なぜなら、2021年6月から公共料金等の楽天カード支払い分に関しては、獲得ポイント数が500円につき1ポイントに変更されてしまったからです。

 

私も毎月定期的に支払う公共料金等はずっと楽天カード払いにしていたので、突然5分の1になるとの知らせが来てショックを受けました(^_^;)

ですので、公共料金等の支払いに関しては楽天カードを使うのはあまりおすすめしません。

まとめ

これから転職や退職を控えていてクレジットカードを持ちたいと思っている方は、辞める前に申し込んでおきましょう。

退職後や転職直後は審査が厳しくなってしまうため、早めの申し込みをおすすめします。

 

楽天カードは発行が早くて還元率も高く、貯めたポイントの使い道が多いので、楽天のサービスをよく利用する人なら持っていて損はありません。

これからどのカードを作ろうか迷っている方は、楽天カードも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

▼楽天カードの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました