自分を変える習慣とは?なりたい自分になる方法

寝る前にイメージ

今の自分が嫌だと思っているあなた、自分を変えるために習慣にするといいことがあります。

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、それはイメージトレーニングです。

人は今後の仕事、先行きの見えない将来について思い悩んでいる時や精神的ダメージを受けた時は、どうしてもマイナス思考に陥りやすくなります。

そして毎日モヤモヤした状態でいると、日常を楽しく感じる余裕もなくなります。

不安に襲われたら良い気分で過ごすことが大事だと別記事で書きましたが、なかなかそういう風に持って行けない場合もありますよね(^^;)

結局のところ、無意識のうちに自分で自分に悪いイメージを植え付けてしまっているからそのような現実が起こったり、状況が変わらなかったりするのかもしれません。

たとえば、起きてほしくないことが起こった時に「あ~、やっぱりそうなると思った」とつい口から出てしまうのも、実は自分でそう願ったから引き寄せたとも言い換えられます。

そんな場合、まず無意識の領域である「潜在意識」に良いイメージを植え付けていくことから始めてみましょう!

(※潜在意識については「潜在意識と直感を活かせばうまくいく!」を参照)

いまは辛い状態でも、本来こうなっていたいイメージを自分に信じ込ませていくことが自分を変える近道です。

ではいつイメージするのがいいかというと、「就寝前」と「起床時」の身体や脳がリラックスしている時が最適です。

寝る前の眠気に襲われた時と、朝起きてまだボーっとしている状態の時がいちばん潜在意識にイメージが浸透しやすくなるからです。

イメージと書いていますが、なりたい状態を具体的に声に出して唱えることが重要です!

その際「~になりますように」といったお願い事をするような言い方をすると、なっていない状態を創り出してしまうので注意です。

「~になります」「~になっています」といったように、宣言するかたちで唱えることがポイントです!

こうして自己暗示にかけていくと次第に脳が錯覚し、唱えた状態に勝手に自分を導いていってくれます。

プロのスポーツ選手の中にもこのように「自分はできる」と繰り返しイメージトレーニングをして大活躍している人も多いんですよ!

私もこの方法を取り入れていますが、今では自然に言葉が出てくるようになりました(^^)

マイナス思考になることもほとんどなくなり、「なんとかなる」といった根拠のない自信(笑)も出てくるようになりました。

とにかくまず、紙に書き出して読んでもいいので毎日イメージする習慣を身に付けましょう!

就寝前のわずか1分だけでも1週間、1ヶ月と続けていけばやがて誰にでも必ず変化が現れるはずです。

そしていつの間にか、なりたい自分に変わっていることに気付くことでしょう(^^)

なりたい自分のイメージを潜在意識に浸透させれば必ず変わる。

現状を力ずくで変えるのではなく、まずは脳をダマすことから始めよう。