自分を変えたいなら就寝前にイメージするだけ

寝る前にイメージ

「いまの自分を変えたい」「なりたい自分になるにはどうしたらいいか」と、あれこれ考えているあなた、やるべきことは実はとても簡単です。

自分を変えたいなら、イメージトレーニングを毎日の習慣にするだけです。

特に人間は、物事がうまくいかなくて悩んだり、精神的ダメージを受けたりするとどうしてもマイナス思考に陥りやすくなり、日常を楽しく感じる余裕もなくなります。

しかし、いつまでもモヤモヤしていては自分を変えることはできないので、まずは「思考癖」を変えることから始めないといけません。

結論から言うと望まない現実になっているのは、無意識のうちに自分で自分に悪いイメージを植え付けてしまっているのが原因になっているということです。

たとえば、起きてほしくないことが起こった時に「あ~、やっぱりそうなると思った」とつい口から出てしまうのも、実は自分でそう願ったから引き寄せたとも言い換えられます。

そんな場合、まず無意識の領域である「潜在意識」に良いイメージを植え付けていくことから始めてみましょう!

いまはダメダメな状態でも、本来こうなっていたいイメージを自分に信じ込ませていくことが自分を変える近道です。

(※「潜在意識」については別記事を参照)

ではいつイメージするのがいいかというと、「就寝前」と「起床時」の身体や脳がリラックスしている時が最適です。

寝る前の眠気に襲われた時と、朝起きてまだボーっとしている状態の時がいちばん潜在意識にイメージが浸透しやすくなるからです。

人は起きている時は常に頭の中で何かを考えているため、起きている時にイメージしても頭の中がいっぱいでかき消されてしまいます。

しかし寝ている間は頭の中が空っぽになるため、寝る直前にイメージしたことはかき消されることなく浸透していくというわけです。

またイメージする際は、なりたい状態を具体的に声に出して唱えることが重要です!

なぜなら頭の中でぼんやりと思い浮かべるより、声に出した方がより明確になるからです。

その際「~になりますように」といったお願い事をするような言い方をすると、その状態になっていなくてお願いする自分を創り出してしまうので注意です。

「~なりました」という過去形(完了形)、あるいは「~になります」「~になっています」といった宣言するかたちで唱えることがポイントです!

こうして自己暗示にかけていくと脳が「唱えた状態になっている」と錯覚して、実際にそうなるように様々な情報を集め出し、勝手になりたい自分に導いていってくれます。

なぜこうなるのかというと、脳というのはいったん潜在意識まで浸透したことはそれが現実かどうか判断することができないからです。

実際プロのスポーツの世界で大活躍している人は、このように「自分はできる!」と繰り返しイメージトレーニングをしているようです。

同じプロの選手で、能力も技術もさほど変わらないのに成績に差が出るのは、実はこういったイメージ(メンタル)トレーニングも深く関係していることは確かです。

私も毎晩この方法を取り入れていますが、今では自然に言葉が出てくるようになりました。

マイナス思考になることもほとんどなくなり、「なんとかなる!」といった根拠のない自信も出てくるようになりました☆

自分を変えたい人は、まずとにかく紙に書き出して読んでもいいので毎日イメージする習慣を身に付けましょう!

就寝前のわずか1分だけでも1週間、1ヶ月と続けていけばやがて誰にでも必ず変化が現れるはずです。

そしていつの間にか、なりたい自分に変わっていることに気付くことでしょう!

なりたい自分のイメージを潜在意識に浸透させれば必ず変わる。

現状を力ずくで変えるのではなく、まずは脳をダマすことから始めよう。