残業代で稼ぐ人がいる会社の特徴とは?

残業をつけようと時間を見計らう男性

あなたは「生活残業」という言葉を聞いたことがありますか?

生活残業というのは、会社の通常の給料だけではとても生活できないので、わざと残業をして残業代を稼ぐといった行為です。

残業代がつく制度があり、基本給や時給が異常に安い会社ではよく行われているようです。

私が以前勤務していた会社でも、明らかに残業代が目当てで意味もなくダラダラ長時間働くといったパターンが恒常化していました。

ある会社では出勤時間が3パターンに分かれていたのですが、早朝から出勤している人たちが就業時間を過ぎても全体業務が終わるまで帰ろうとしませんでした(^^;)

はっきりいって、時間をずらして後から出勤してきている人がいるので残業しなくても業務は終わるのですが、とにかく残業代を稼ごうとして仕事を奪うのでありがた迷惑でした。

その様子を、職場のチーフも見ていながら見逃していました。

なぜならチーフをはじめ、他の社員たちも皆、生活残業していたからです。

その会社は1分単位で残業がついたので、ここぞとばかりにどうでもいい仕事を作って1分でも残業をつけようと必死に残る人の姿に、腹立たしささえ覚えました(苦笑)

また別の会社でも、毎日のように12~3時間くらい働く男性が多くいました。

いわゆるガテン系の仕事なのでかなり疲れると思うのですが、ほとんどが20代の若者だったので体力には自信があるのか、とにかく残業しまくりでした(^^;)

しかも、その会社は残業代の割増を誤魔化していたため、通常なら200円以上割増するところ50円しかつけていませんでした(+_+)

私も4年近く働いて、生活残業ではない残業もかなりしてきましたが、まともに支払われていたらもっと収入があったはずです。

結局その会社は、誰かが労働監督署に相談したことがきっかけで就業規則がつくられ、残業代も法定通り支払われることになったのですが、今度はその分基本給が下げられました(+_+)

どのみち働くだけ働かせて、それに見合った賃金を払うつもりはなかったみたいです…

世の中にはいろんな会社があるものですが、私としては無駄に生活残業して長時間拘束されるより、さっさと定時で帰って自分の時間をつくれる方がいいですね。

このような生活残業が恒常化しているような企業を避けるためには、求職活動時にあらかじめ企業の内部事情について知っておく必要があります。

それは「企業口コミサイト」を利用すれば、容易に調べる事ができます!

たとえば有名な企業口コミサイトのひとつである「キャリコネ」では、現役社員・元社員から投稿された全国の企業のリアルな情報が蓄積されています。

企業口コミキャリコネ

昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

キャリコネには残業の有無についてをはじめ、年収・給与明細・やりがい・出世状況・面接内容から退職理由まで、内部の人にしかわからない情報が掲載されています。

2chのような掲示板とは違い、投稿された内容は運営者の独自の審査に通ったものしか掲載されないので、信憑性は高いものと思われます。

残業だけではなく、収入やキャリアプランなどその企業全体を把握したい場合にはこういった企業口コミサイトを利用するのがおすすめです。

転職を考えている方はもちろん、読むだけでも為になる内容ばかりですので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか(^^)

↓キャリコネの詳細はこちらです

残業しないとまともな収入にならない会社は、確実にブラック。

定時で帰っても、充分な収入が得られる会社に入るべきである。