肉体労働の思い出(物流企業編)

物流倉庫

過去に私が働いた業種の中でも比較的多いのが、短期アルバイトから正社員まで経験した物流企業です。

物流企業では事務も経験しましたが、どちらかというと倉庫内で働く方が多かったです(^^;)

倉庫作業というと仕事内容も人間関係も暗いイメージがありますが、私は以前ホームセンターで商品を売っていて、商品に囲まれることが好きだったので気になりませんでした。

確かに倉庫作業には訳ありっぽい人や性格のキツイ女性も結構多い気がしましたが、それらは会社の採用方針によりけりです。

一番長く正社員で働いた会社は、たまたま以前勤務していたホームセンターにもゆかりのある会社だったので比較的すぐに馴染むことができ、仕事も自由に任せてもらえました。

普段は社員の私がメインであとは数名のパートさんだけでしたし、忙しい日は配送がメインの男性たちが作業に入って来るだけで、チームワークも良くて楽しかったです(^^)

内容にもよりますが、倉庫作業というのはかなりの肉体労働で、会社によっては冷暖房設備がないことも多いです(+_+)

ある会社では、女性でも1ケース10㎏以上ある商品を1日に何十ケースも運んで積むのは当たり前でしたし、そしてほぼ立ちっぱなしなので足にも負担がかかります。

別の会社では常に監視されていて自由に動けず、マニュアルに沿った動きを機械のように無駄なく繰り返すという、監獄に入れられたような気分になるなんてこともありました(*_*)

私が経験した倉庫作業はとにかく歩く、テキパキ動く、重いものを持つといったことが多くて肉体的・精神的にも鍛えられました(苦笑)

それに加え、冷暖房設備のないところでは特に夏は暑さとの闘いで、本当に地獄でした(^^;)

20代の頃はまだ若さで乗り越えられましたが、30代に入ると徐々に足腰に影響が出始め、ハードな肉体労働を続けていくのは厳しいと実感しました。。

物流企業と言っても会社によって全然方針や環境、雰囲気が違うので、自分に合ったところで働くのが一番かと思います。

特に「単なる使い捨てのコマ」ではなく、ちゃんとひとりの人間として見てくれる会社を選ぶべきかなと思います。

倉庫作業というのはハードな割には賃金が安い傾向があるので、本当にこの仕事が好きでない限り、私はあまりお勧めしませんが(^^;)

☆肉体労働で体力がキツくなってきた方におすすめ!

現在「肉体労働」に従事しているという方、体調管理はきちんとできていますか?

私もそうでしたが、ハードな肉体労働は20代の内はまだ若さで乗り越えられても、30代以降になると毎日身体をメンテナンスしないと、だんだん体力的にキツくなってきますよね(^^;)

しかし肉体労働で疲れ切っていると、休日は寝てばかりでなかなか身体をメンテナンスしようという気にならないのではないでしょうか。

そんな体力不振やパワー不足、体調不良でお悩みの方におすすめなのが冬虫夏草です。

冬虫夏草とは、世界記録を連発した中国の陸上競技チームも常食しているキノコの一種です。

その冬虫夏草を粉末(サプリ)にしたものが「冬虫天草」という商品で、継続して摂取するだけで元気な身体を維持することが可能になります!

「冬虫天草」は不純物の多い中国産ではなく、熊本県天草市でつくられている冬虫夏草を100%使用しているので安心して摂取することができます(^^)

冬虫夏草の力で、何歳になっても元気に肉体労働を続けられる身体をつくっていきましょう!

天然の冬虫夏草は希少資源のため、在庫の限りがある場合もあるそうなのでご興味のある方はお早めに!!

↓「冬虫天草」の詳細はこちらです