苦手な人間関係を克服できる不思議な法則とは?

人間関係に悩むサラリーマン

職場についての悩みで一番多いのが人間関係だと言われているようですが、あなたの職場には苦手な人はいますか?

仕事は嫌いじゃないけど人間関係がどうも苦手…という人は、少し視点を変えるだけで簡単に克服できますよ☆

まず会社に勤務していると、どんな職種でも少なからず人との関わりが発生します。

なるべく自分と似たような気の合う人ばかり集まれば気楽なのですが、現実はそうもいきませんよね(^_^;)

それに、最初はすごく職場の雰囲気が良かったとしても、上司や同僚が入れ替わったりすれば急に居心地が悪くなることもありえます。

入社時の環境が永久に続くことは、ほとんどない。

私もいままで多くの会社に勤務してきましたが、だいたいどの会社にも上司や同僚の中にどうしても苦手な人がいました。

普段はなるべく関わらないようにはしていましたが、業務上そうもいかない時もあります。

相手は自分のことをどう思っているかわかりませんが、苦手な人と関わる時はギクシャクしてその人の嫌なところばかり目についてしまいますよね…

そしてその苦手意識というのは相手にも伝わってしまい、いっそう気まずくなります。

そんな時は、苦手意識を克服するために「意識の転換」をします!

つまり、苦手な人の嫌な部分にばかりフォーカスするから、ますます苦手になるんです。

なので、逆にその人のいい部分を見つけていくようにします。

法則によれば、いい部分を探して嫌な部分に思考を向けないようにするとなぜかその人が別人のように見えてくるそうです。

つまり、「こういう人だから嫌だ」という目で見るのではなく、「こういうところは尊敬できる」という見方に変えるということです。

他人の尊敬できる部分は、自分が持っていない部分でもある。

たとえ自分がどんなに苦手な人でも、いい部分というのは何か一つくらいはあるものです。

もしかしたらあなたの苦手な人は職場ではいつも嫌な感じでも、プライベートでは違った顔を持っているかもしれません。

また、職場では憎たらしい存在だったとしても、もしかしたらその人の背景には何か抱えている問題があるのかもしれません。

つまりどんなに苦手な人でも自分と同じく感情を持った人間であり、その人にはその人の世界があるため、相手を変えることはできないということです。

言い換えると、他人を自分の理想に変えようとするのではなく、まずは自分自身が見方を変えないと現実は変わらないということになります。

それから不思議なことに、その人のいい部分を見るようにしていくといずれはその苦手な人が目の前からいなくなるのだそうです。

それは部署異動だったり、転勤だったり、突然の退職だったり…

どういった経緯でそうなるのかはわからないのですが、それが「宇宙の法則」だそうです。

なので「苦手だなあ」と思っている限り、その人はずっとあなたの前に居続けるわけです。

私も以前、アルバイト先にとても苦手な派遣社員の男性がいました。

その人はベテランの域に入っていて本人も全く辞めるつもりはないようでしたが、部署異動もない職場だったので、もう自分が辞めるしかないとまで思っていました。

ぶっちゃけその人は1日の大半をくだらないお喋りをしているだけで仕事らしい仕事もせず、いい部分というのはほとんどなかったのですが、挨拶だけはやたら威勢がいい・・・

そこで、その人に対して挨拶だけは今までより大きな声でするようにしました。

そういえば苦手なその人に対しては、挨拶も適当だったかもしれない…

そうしたら、仲が良くなったわけではありませんが、以前よりは嫌味を言ってくる頻度が減ったんです!

このように、他人を変えることはできなくても「自分が変わる」ことで他人が変わったように感じることはできます。

そしてしばらくたったある日の全体朝礼で、その人が今月いっぱいで辞めるということが告げられました。

はっきりした理由はわかりませんでしたが、その人は態度が横柄で他の社員からも嫌がられていたそうで、もしかしたら実質クビだったのかもしれません。

これはすべて私の実話であり、この法則は職場だけではなくどんな場面でも使えます。

人間関係を克服したい人は、ぜひとも自分で実験してみてくださいね!

(関連記事)

うまくいかない人生の原因はここにあった!

職場の不満解決はまず良い部分を探すことから

苦手な人の嫌な部分ではなく、いい部分を見つけるようにしよう。

人間関係が嫌だからと言って、自分から辞めるのは損です!

スポンサーリンク