賃貸マンションで引き寄せに成功!?

新しくなったエアコン

また引き寄せに成功した(?)すごくラッキーな出来事があったので、記事にします☆

私は賃貸マンション住まいなのですが、現在の所に住み始めてかなり長くなります。

元々そんなに新しいマンションではなかったのですが、建設会社が管理していてメンテナンスもしっかりしており、築年数のわりにはとてもきれいなんです。

しかし長年住んでいると当然、設備は劣化して古くなりますよね。

水道はパッキンの劣化で水漏れも時間の問題、エアコンも最新式と比べたら電気代も高いんですが故障しているわけでもないので、あまり使わずにいました。

そんな時、キッチンの換気扇が突然異音を立て始め、完全に動かなくなってしまいました…

そして、たまたまネットで自分の住んでるマンションの家賃がかなり値下がりしていることを知り、設備は古いのに高い家賃を払っていることがバカらしくなってきました。

そろそろ引っ越す時期が来たのかなと思いましたが、引越しも何かと大変です(^_^;)

なので、なるべくなら引越しせずに何とかならないかなあと思っていました。

そんなある日、定期的にある火災報知機の点検に業者さんとマンション管理会社の社員の方が部屋を訪問しに来ました。

いつもなら業者さんだけで社員の方が来たことはなかったのですが、今回いい機会だったのでダメ元で社員の方に設備や家賃のことを相談したんです。

そして実際に見てもらった結果、その場で水道と換気扇は取り換えますと言ってくれたのですが、エアコンと家賃に関しては上司と要相談とのことでした。

その数日後、さっそく管理会社の工事担当の人が水道と換気扇を新品に交換に来てくれたのですが、とても感じのいいベテランの方でした。

話しやすかったので交換作業中に今回のいきさつについて軽く雑談していたら、何とその人がエアコンと家賃の事も社員の方に取り合ってくれたんです。

そのおかげでエアコンもすんなり新品に交換、家賃もかなりの値下げが決まりました☆

そしてなんとさらに照明器具はリモコン付きLEDに、給湯器も最新式に交換してくれることになったんです!

発端は突然換気扇が止まってしまったことでしたが、社員の方があのタイミングで点検に来ていなかったら多分まだ古い設備で我慢していたか、引越ししていたと思います。

ネットで今の家賃を知ることもなかったら、家賃交渉は思いつかなかったでしょう。

そしてあの工事担当の人に会わなかったら、エアコンや照明器具、給湯器の交換や家賃値下げまではできていなかったかもしれません。

やっぱりベテランのひと言と威力は強い!

最初は自己負担が必要なのかと思っていましたが、貸主が建設会社だったことが幸いして設備交換での金銭的負担は一切ありませんでした。

賃貸の場合は借主に快適な設備を提供するのが義務とのことで、不都合があったらまずは管理会社に連絡してくださいとのことでした。

思いも寄らぬ方向で、あれよあれよという間にすべてが一新した今回の出来事も、宇宙の導きだったんだと思っています☆

(関連記事)

賃貸マンションで引き寄せた後の展開

お金を引き寄せる方法を実践した結果なんと…

スポンサーリンク