ファンである有名人とのまさかの出会い

沿道でパレードを見物する人々

私がファンである有名人が出演するイベントでの話です。

その方は昔から活躍されているので知ってはいましたが、特にファンというほどでもなくて、たまにテレビなどで見かけるくらいでした。

しかしあることがきっかけで今頃になってファンになってしまい、しかもひょんなことから会うことができました。

昔からの熱烈なファンの方たちは、全国でイベントが開催されるたびに駆けつけているようですが、私は開催場所が遠いのもあってなかなかそこまではできませんでした。

一度でいいから生で見てみたいなあと思っていた時、数ヶ月後にとあるイベントのパレードにメインの役柄で出るという告知がありました。

今度はどこでやるんだろうと思ったら、開催場所がなんと私の故郷でした!

故郷ならまだ近いので行きやすいし、しかも実家に泊まれば宿泊代もかからない!ということで、イベントの日がやって来るのを心待ちにしていました(^^)

そしていよいよイベントの日、パレードなのでスタート地点は多分人でいっぱいで、遠くからしか見れないだろうと思ったので、通過予定の少し離れた沿道で待機することにしました。

やはりスタート地点に人が集中したようで、沿道は意外にも空いていました。

最初は通過予定時間が来るまで、沿道横にあるお店のちょっと腰が掛けられる壁際に座って待っていました。

もうそろそろ沿道に立っていた方がいいかなあと思った時、ひとりの年配の女性が「私もそこに座りたいので、詰めてもらえませんか?」とやって来ました。

沿道に立つにはまだ時間は早かったのですが、隣りもびっしり人が座っていたのですぐに場所を譲り、前にある沿道に移動しました。

しばらく沿道に立っていると係りの人が来て、「もう少し右側の方がパフォーマンスがよく見れますよ~」と案内していたので、すぐに右側の方に移動してちょうどそこにあった縁石の上に立って見ることにしました。

そしていよいよ、お目当ての有名人がいるパレードの列がやって来ました。

最初は人がいっぱいだろうから遠くからでも見れればいいかと思っていたのですが、沿道から予想以上に距離が近く、しかもパレードなのですごくゆっくり進んでいき、間近でじっくりと拝見することができました(^^)

その方は素敵な笑顔で沿道の人々にずっと丁寧に手を振っていて、あまりに近かったため挙動不審気味(笑)になっていた私の方もしっかりと見て手を振ってくれました。

パレード中ですし、さすがに会話までは無理でしたが、私はその後パレードの横を歩きながら最後はゴール地点で見届けようと急ぎ足で向かいました。

その移動中もなんと、わざわざ遠くから私のいる方に大きく手を振ってくれ、私も思わず大きく手を振り返しました(^○^)

昔からの熱烈なファンの顔や名前は覚えているみたいですが、私は所詮、大勢の中のひとりで私の顔は知らないはずなのですがなぜかすごく親近感を感じ、ますますファンになりました。

とにかく、このイベントに行って正解でした!

これが故郷での開催でなかったらおそらく行けなかったと思うので、このタイミングでの開催は本当に奇跡としか言いようがありません。

最初から沿道で待っていなかったら、年配の女性が場所を譲ってほしいと来なかったら、沿道で係員が右側に移動をすすめなかったらここまで間近でゆっくり拝見することもできなかったかもしれません。

しかも、移動してちょうどそこにあった縁石の上に乗ったおかげでより距離が近くなったことも、そうなるように導かれたとしか思えません。

実はイベントが決まった時からその方のSNSに「行きます!」とメッセージを送っていたのですが、イベント終了後にも感謝のメッセージを送ったのは言うまでもありません。

間違いなくこれは、私の思い出の1ページに深く刻み込まれた出来事となりました(^^)

このまさかの出会いもきっと、自分が引き寄せたんだろうなあと勝手に思っています(笑)