仕事探しを妥協するといずれ退職することになる

就職は婚姻届を出すようなもの

ただ今就職活動中、あるいはこれまでにすでに職を転々としてきたというあなた、その就職が成功するか失敗に終わるかの境目は何だと思いますか?

それは、仕事探し(会社選び)を妥協するかしないかによって決まります。

よく会社選びは結婚相手を探すことと似たようなものだと言いますが、かなりうまい例えだと思います。

当てはめると

「企業説明会のイベント=結婚相談所のイベント」
「面接=お見合い」「就職=結婚」
「試用期間=交際期間」「退職=離婚」
「転職=再婚」「独立=独身(?)」

といった感じでしょうか。

つまり、会社は結婚相手と同じように知名度(家柄)や条件(見た目など)で妥協して決めてしまうと、いつかすれ違いが生じて退職(離婚)してしまうことになるということですね。

そこで、面接(お見合い)できっちり見極める必要があるということです。

それは自分だけではなく、お見合い相手である会社側にも言えることです。

自分が入社したいと思っても、会社側が求める人物像と違えば不採用になりますし、会社側が採用したいと思っても理想と違えば辞退することになります。

私も新卒で入社した会社を数年で辞め、その後も数えきれないくらいの面接を受けましたが、不採用になるときは面接の段階でなんとなくわかります(^^;)

結局会社は表面的な条件だけでなく、本心からの気持ちが伝わらないと採用されないし、仮に採用されても気持ちがないと続かないということです。

いまは3組に1組が離婚する時代で珍しくもなくなりましたが、仕事もそうだと言えますね。

しかしできれば本命だけにして、何度も転職を繰り返さずに済むようにしたいものです。

これから転職などをお考えの方は、会社の表面だけを見るのではなく中身をしっかり確認して末永くお付き合いできる会社に入社できるといいですね!

仕事を妥協して決めると、最終的にその妥協点が退職への引き金となる。

自分でもできそうな仕事を選ぶのではなく、本気になれる仕事を選ぶこと!