仕事や物質の引き寄せのコツと体験談

お金のない財布

仕事や物質を引き寄せるコツを、実際の体験談から解説してみます。

法則によれば、何かを引き寄せようとするために不足感や欠乏感からの行動をすると、引き寄せたいものがますます遠くに行ってしまいます。

いま失業中だからとにかく仕事を得たい、今の仕事が嫌だからさっさと辞めて転職したいといった思考も、欠乏感から来ています。

つまり、「無職だからお金がない、人間失格だ、恥ずかしい」、または「いまの仕事に満足できていないので何でもいいから早く新しい仕事に就きたい」と思っている限り、満足な仕事に就けないといった状況を引き寄せてしまいます。

仕事でも何でも言えることですが、まずは不足や欠乏といった思考、感情の転換をしないと望む結果は得られません。

無職であるのなら、

「今は人生の休暇が与えられているんだ」
「もっと人生について真剣に考え直す時期なんだ」

など、今の自分の状況を肯定的に捉えられるようになれば、次第に自分がやりたかったことに気付いてその仕事を引き寄せられます。

とにかく、「あったらうれしいけど、なくても今は充分幸せだ」という気分になったとたんに思わぬ形で望んだものが手に入るのが引き寄せの法則です。

物質の引き寄せもそうです。

私は以前から、ワンショルダー型のバッグが欲しいと思っていました。

手持ちのワンショルダーも気に入っていたのですが、だいぶくたびれてきたので次はもう少し収納ポケットがあって、サイズも大きめで色はこんな感じのが欲しいなあと思って、いろいろ探していました。

しかし、お店やネットのどこを探しても理想のバッグは見つからず、まあ無理に探さなくても当分はこのバッグでいいかと思っていました。

そして数ヶ月後、とある連休に実家に帰省したら、ちょうど兄も帰省していました。

話をしていたら、兄が最近買って使い始めたワンショルダーが思ったより小さくて、ちょっと失敗したといって見せてくれたのですが、まさに私が求めていた感じのものでした(笑)

しかも「自分は別のを探すから、欲しかったらあげる」なんて言われたので、ありがたく頂戴しました(^^)

当然兄は、私がワンショルダーを探していたことなど知りません。

まだ続きがあります。

いつもお気に入りで履いていたスニーカーがあったのですが、私にはワンサイズ大きかったので中敷きを2枚入れていました。

これと同じワンサイズ下のスニーカーがあったらよかったなあと以前から思っていましたが、中敷きで調整すれば履けるからまあいいかと、特にこだわりませんでした。

だいぶ履き潰してそろそろ買い替え時かなと思っていた頃、たまたまショッピングに出かけた先で全く同じものを見つけてしまいました。

それも私が欲しかったサイズだけが一点物として、しかもモデルが古いので割引価格になっていました。

「あ、これは!」と思い、即買いしました(笑)

これらはきっと、私が引き寄せたんだと思います。

どうしてもこれが欲しいと、ギラギラ思っていなかったところが良かったのかもしれません。

まるで作り話のようですが、本当の話です(^^)

引き寄せの達人になれば、簡単なものならこれが欲しいと思った数時間後には手に入れる人もいるみたいですよ!

望むものを引き寄せるには、まず不足感や欠乏感をなくすこと。

なくても幸せだという思考、感情になればそれは突然やってくる。