他人がうらやましいのは軸がズレているだけ

自分と他人を比較したグラフ

日々生活していると、何もかもすごく充実しているように見える他人がうらやましい、そんな他人の姿を見て面白くないと思う時があったりしませんか?

私も親から他人を褒める話ばかり聞かされたり、ファンであるはずの有名人の楽しげなブログを読んでいても、なぜか時々心が寂しくなるときがあります(^^;)

そういう時というのは、いま自分が充実感を感じていないということでもあります。

他人の喜びが素直に受け入れられない状態のときは他人と自分を比較してしまい、ますます自分に嫌気が差してしまうものです(^^;)

しかし、他人と自分を比較することに何の意味もありません!

スピリチュアルでは究極的にはすべての人間は元々ひとつであるとも言いますが、他人と自分というのはまったく別の個性をもった人間です。

顔や背丈、性格、特技などひとりひとりがそれぞれの個性を持っているからこそ、この世界が成り立つのであって、他人と同じでないからといって自分を卑下する必要はありません。

それから人間には感情があるので、悲しかったり楽しくなかったりするのは当たり前です。

自分が喜びを感じていないときというのはつまり、いま自分が中心軸からズレているだけだということです。

他人がうらやましいと感じたとき、怒りや悲しみを感じたときは「あ、いま自分はこんな風に思っているんだな」と少し離れたところから自分を見つめてみましょう(^^)

自分を外側の出来事に合わせるのではなく、常に自分の内側に合わせることが大事です。

内側に合わせる癖をつけてしまえば、ズレてしまった軸をすぐに自分の中心に戻すことができるようになります。

また、他人が良く見えるときはその人の一部分しか見ていないということでもあります。

つまり、他人の長いストーリーの中のいちばん良いシーンだけを切り取って見せられているだけに過ぎないんです。

もしかしたら、あなたも他人から見たらうらやましく思われているかもしれませんし、幸せそうな人に見えても全体像を見たら、あなたと大して変わらなかったりするものです。

そして、他人を見て悔しいと思うのは「自分にもそれができる!」というパワーが秘められているということでもあります。

あなたという人間は、宇宙が地球上に生み出した「たったひとりの尊い存在」です(^^)

あなたはあなたで完璧なのですから、他人に振り回されることのないようもっと自分を大事にしましょう!

モヤモヤしているときは、自分の軸が中心からズレているだけである。

他人の良い部分だけを見て自分と比較するのは、まったく意味のないこと!