自分らしさを出していこう!これからは個性の時代

自由に飛び立つ

突然ですが、あなたは自分らしく生きていますか?

特に日本では個性を尊重するより周囲と合わせる集団教育を受けてきた人が多いため、大人になっても「自分らしさ」を出して生きている人は少ないかもしれません。

これは、進路や仕事を決める際にも影響しています。

たとえば会社員の中には、いまの仕事は本当はやりたかった仕事じゃないけど生活のためにやっている、就職難で選択肢がなかったという方も多いかもしれません。

私も以前勤務していた職場内で明らかに場違いな人がいて、なぜこんな場所にいるんだろうと思ったり、逆に言われたこともあります(^_^;)

仕事を選ぶとき、本当はこれがやりたかったけど何となく世間の目が気になるから、親が反対するから、不安定だからという理由で本心とは違う仕事に就く場合もあるでしょう。

私の知り合いでとりあえず受けた公務員試験に合格し、本当は○○がしたかったけど周りから「不景気だから公務員になるべきだ」と強く勧められて公務員を選んだ人もいます。

確かに公務員は安定していますし、将来も安心かもしれません。

しかし公務員に限らず、自分の意志とは関係なく他人の勧めや安定性で決めた仕事というのはどこか違和感を覚えるものです。

つまり、世間や他人の意見を気にしすぎて自分の本心を見失うと後で苦しくなるんです。

もし今そんな違和感を感じながら働いているのだとしたら、考え直す時期かもしれません。

それに対し、周りの意見などに左右されず自分の好きな仕事で自分らしくイキイキ働いている人は、本当に輝いて見えますよね☆

「給料は我慢料」というのは、あくまで昭和的な考え方。

スピリチュアル的にも、これからは「個」(個性・個人)が重視される時代に移っていくそうです。

つまり一人一人の持ち味やスタイル、得意分野をそれぞれが活かしながら生きていくことが
当たり前になるということです。

従来の日本の教育法はいかにも真面目で勤勉な日本人らしく、いい面もあるとは思いますが、人間性が育ちにくい欠点もあります。

つまり一種の洗脳のようなもので、学校では子供の頃から画一的な教育にはめようとするため個性や長所が伸びづらいということです。

そして社会に出たら今度は会社で洗脳教育を受けて、会社のために貴重な人生をささげるだけ(いわゆる社畜)で終わってしまう人も大勢います。

このように一昔前の日本の教育は「右へならえ」といった画一的なものでしたが、現在は崩れつつあります。

昔方式の教育を受けてきた者から見ると「今のやり方はちょっと緩すぎるのでは?」と感じる部分もありますが、変化していくうえでは必要なことなんだと思います。

パソコンや携帯電話のように、時代も常に進化していくべきもの。

しかしながら日本は変化を好まない性質なのか慎重なのかわかりませんが、どんな分野においても昔ながらのやり方、考え方を変えるのが遅いですね。

たとえば私の生まれ育った田舎では、男子中学生は丸刈りにならないといけないという校則が平成時代に入っても続いていました。

いま考えても小学生や高校生は普通の髪型でOKなのに、中学の3年間だけ丸刈りっておかしな話ですよね…

「なんで?」と思っている男子たちも結局、中学生は丸刈りにするのが当たり前、そういうものだという昔ながらのしきたりに黙って従わなければならず、気の毒でした(^_^;)

そんな我々が団体で東京に修学旅行に行った時は、その光景が都会の若者の目には奇妙に映ったのでしょう。

「うそ!あの子たちみんな丸刈りなんだけど…」なんて揶揄する声が聞こえてきて、とても恥ずかしかった覚えがあります(苦笑)

でもそれくらい、日本の考え方というのは古いままだったということです。

ちなみに女子の体操服はブルマでした。(当時でも今時ありえないと思っていました…)

脱線しましたが、とにかくこれからは自分の「個性」を活かしたスタイルで、自分の道をどんどん進んで行っていい時代になるということです。

皆がそういう意識になるにはまだ少し時間がかかりそうですが、世間の常識という名の呪縛から解放されて「自分らしさ」を大事に生きる人が増えてきているのも事実です。

人生の終盤に差し掛かった高齢者たちに人生を振り返ってもらうと、「もっと冒険しておけばよかった…」と口にする人が多いそうです。

人生は一度限り、洗脳された優等生になって死ぬ時に後悔するくらいなら、自分の心に正直に生きるという選択をするのも悪くないのかもしれませんよ☆

(関連記事)

夢を叶える人は楽しみながら行動している

根拠のない自信だけで進めば何でも成功する

「人は人、自分は自分」であることを忘れてはいけない。

洗脳された人生を歩むか、自分らしく生きるかはあなた次第。

スポンサーリンク