未来が不安になってしまった時は「今」に戻る

不安で仕方がない男性

これから先の未来について漠然とした不安を感じているあなた、未来のことを今から心配するのはもう止めにしませんか?

確かにお金がない、仕事が不安定、失業中、先が見えないといったような状況が続けば、この先の人生が不安になってしまうのも無理はありません。

もし不安で精神的に「うつ状態」になっている人は、普段から意識している部分(思考癖)を変える必要があります。

今とても不安になっているという方は、もしかしたらまだ起こってもいない未来を勝手に悪い方向に想像したり、過去の行動を後悔していることに意識が向いていませんか?

人は不安になると未来や過去に意識が飛んでしまい、肝心の「今」がどこかに行ってしまっている場合が多いんです。

私も仕事が決まらなかったり自分の進む方向がわからなくなっていた時は、お金に困る未来を想像してしまって不安に押し潰されました(+_+)

しかし、いまからまだ起こってもいない未来のことをあれこれ考えて不安になるのはまったく意味のないことです。

たとえばこれから車や家を買おうとしているとき、「ローンが払えなくなったらどうしよう」とか、「事故を起こしたらどうしよう」とか考えていたら何もできません。

有り余る資金を持っていれば話は別ですが、いま未来の収入を手にしていない状態で半年後、1年後の生活費を心配しても仕方ないですよね?

仮にもし不安に思っていた現実が起こってしまったとしたら、自分がその起こってほしくなかった現象に意識をフォーカスし続けた結果とも言えます。

人は誰でも、自分がフォーカスしたものを現実に引き寄せてしまうようにできているんです。

たとえば学校の授業や何かを選出するとき、自分にあててほしくないと思っている時に限ってあてられたりしたことは誰でも経験があるのではないでしょうか(^^;)

だったらいま不安になるのではなく、明るい未来を考えた方がいいと思いませんか?

また、あの時こうするべきだったと過去について悔やんだり、人のせいにするのも意味のないことです。

過去を反省するのは悪いことではありませんが過去は過去であり、変えることはできません。

つまり過去を悔やむのではなく、その過去は自分の人生には必要なことだったんだと前向きに受け止めることが大事です!

そうすると、自分が悔やんでいた過去というのはまったく別の過去に変わることもあります。

結局、自分の人生を創っているのは常に「今この瞬間」だということです。

以前、あるCMの「いつやるか?今でしょ」というフレーズが流行語になりましたが、あれはまさしく的を射た言葉だと思います。

過去について考えても現状は変わりませんし、未来について想像しても現状は変わりません。

現状を創ったのは「過去の自分」、つまり現状を変えられるのは「今の自分」だけです。

いまは不安でも、これから自分がどうしていきたいのか、今の自分にしっかり向き合うことで未来はいかようにも変えていけます。

そして今この瞬間にも時間は過去になり、未来に進んでいます。

未来が不安になったりパニック状態になった時は、自分の意識が「今」に向いているかどうか確認してみてくださいね!

今の状況は、過去の自分が創りだしたものである。

不安になったとき、意識するのは過去でも未来でもなく、常に「今」!

スポンサーリンク